炎上で燃えているのは記事じゃなくてあなたの信頼!ブロガーというビジネスの問題点とは?

スポンサーリンク

今日はちょっと真面目な話。

久々に炎上らしき炎上を見たのと、最近僕が思っていることを書き連ねておきたいなと思ったので、今回この記事を書いています。

もう一度、あの方の本を読み直そうかしら。

スポンサーリンク

バズと炎上は違う

自身の運営するブログで炎上した、フリーアナウンサーの長谷川豊氏。

よくバズと炎上が語られるブログ界隈ですが、染谷昌利さんの著書「世界一やさしいブログの教科書1年生」にはこのような記述があります。

いいバズ→ポジティブなシェアが連鎖し、前向きな議論を生み出す

悪いバズ→ネガティブなシェアが連鎖し、批判や反論の制御が効かなくなる

引用元:染谷昌利 ソーテック社 世界一やさしいブログの教科書1年生 265ページより

このうち悪いバズを炎上と呼んでいるそうです。

さらに炎上には3つの原理があるそうです。

  1. 大多数へ向けての問題提起を行うこと
  2. 主張は強く(過激に)、論証は乏しいこと
  3. 自らが体現できていないこと

引用元:染谷昌利 ソーテック社 世界一やさしいブログの教科書1年生 266ページより

長谷川豊氏の当該記事の場合、この3つすべてに当てはまってしまったのでしょう。それこそ、自身の拡散力も相まって、爆発的に広まって。

炎上してもペナルティの少ないブロガーというビジネスの問題点

お礼あいさつおじぎ感謝謝罪画像

結論から言って、ブロガーというビジネスの場合、ペナルティつまり痛い思いをしにくい構造になっているのが、最大の問題点だと僕は思うのです。

  • もし炎上して、ブログサービスやサーバーからアカウントをBANされたら?
  • もし炎上して、アドセンスやアフィリエイト広告が停止になったら?
  • もし炎上して、Googleのペナルティを受けて検索エンジンにindexされなくなったら?
  • もし炎上して、訴訟を起こされたら?
  • もし炎上して、誰かが自分を殺しに来たら?

そりゃあ、炎上して落ち込むくらいの痛みはあるかもしれませんよ。でも、キャスターが番組を降板させられるのと同レベルの罰とも言える、これらのペナルティがブログ界隈ではあまり起こらないから、炎上に対する意識が希薄になりがちなのではないですか?

だからバズと炎上の区別がつかなくなってきて、反省も謝罪もせず、成長もしないブロガーが生まれるわけです。定期的に炎上しては他人に迷惑をかけ、PVとお金だけかすめとっていく、まさに業界を壊すコアなマニアと成り下がるわけです。

挙句の果てに「死にはしない」と言うが、それはあなたが運良く死んでいない、もとい殺されていないだけ。世の中どんな人がいるか分からないですから、善人の顔をした悪魔が殺しに来ることだってあり得るのです。

少なくとも、他人に迷惑をかける人間を”プロ”とは呼びたくないよ、僕は。

まとめ:燃えているのは記事ではない!あなたの信頼です!

炎上とは、記事に批判が殺到することではなく、あなたの信頼が燃えていることを指すのです。

その後長谷川豊氏は、このような記事を更新しました。

一人でも多くの方に…と煽り過ぎたタイトルをつけ、結果、多くの方に不快な思いをさせ、ニュースキャスターの仕事も失う結果となりました。楽しみにしてくださっていた多くの方々に、もう一度改めて心よりお詫び申し上げます。本当に申し訳ありませんでした。

引用元:テレビ大阪『ニュースリアル』降板を受けて : 長谷川豊 公式ブログ 『本気論 本音論』

まさしく、信頼が薪となって燃えたことにより、番組降板という形で仕事を失い、その仕事で将来得られるはずの何かが得られなくなったのです。とはいえ、このように長谷川豊氏は自らの過ちを認めて謝罪をしました。

悪いバズたる炎上の終着点は本来このような形となるわけですが、ブロガーには、炎上したあとのペナルティや謝罪、反省の弁といったものがあまりに少ないように思います。

だから成長しないし、炎上しても言い訳や屁理屈を繰り返しちゃう。

  • 僕がブログサービスやサーバーの運営会社なら、該当するアカウントは即刻BANします。
  • 僕が広告主なら、炎上ブロガーの広告は即刻停止します。
  • 僕がグーグルなら、炎上ブロガーには即刻手動ペナルティを科します。

これからも起こり得るブロガーの炎上に関しては、もう少し、業界全体で厳しく接するべきなのではないでしょうか?

最後に、参考にさせていただいた、染谷昌利さんの本を紹介して終わります。

スポンサーリンク

記事が役に立ったらみんなにシェア!

いつもありがとうございます!はてブの方はもっとありがとうございます!