マネーフォワード不動産投資1DAYスクールに参加!不動産投資をがっつり勉強してきたよ!

スポンサーリンク

どうも!不動産投資はREITしか買ったことのない@xi10jun1です。

2016年5月21日(土)、家計簿ツールでお馴染みのマネーフォワードが主催するイベント「不動産投資1DAYスクール」に参加してきました!ゆとり世代にはあまり馴染みがないであろう、不動産投資について学んできましたので、早速レポートしていきます。

マネーフォワード 不動産投資1DAYスクール セミナー概要

マンションビル建物不動産画像

まずは、マネーフォワード主催の不動産投資1DAYスクールの概要について明記していきます。

主催:

マネーフォワード

日時:

2016年5月21日(土)

参加料:

1,000円(前払い)

場所:

THE GRANDHALL 品川(東京都港区港南2-16-4 品川グランドセントラルタワー3階)

協賛企業:
セミナー概要:

マネーフォワード初の不動産セミナー。不動産業界で活躍する4名の講師による講演や、不動産業界のリーディングカンパニーによるセミナー、協賛企業によるブース出展などがあります。楽しみながら不動産投資について網羅的に学べるイベントです。

タイムスケジュール

ここからセミナー項目の見出しに飛べます

  1. 特別講演:束田光陽氏「初心者の方も見直しの方も。不動産投資の理論と実例で、イロハがわかる。」
  2. 協賛セミナー:荒瀬朋之氏「ITとリアルから見る、これからのアパート経営」
  3. 協賛セミナー:沖有人氏「ロボット仲介~自宅投資のススメ~」
  4. トークセッション:赤井誠氏、森下千里氏「サラリーマン大家に聞く働きながら不動産で資産形成するコツ」
  5. 協賛セミナー:巻口成憲氏「購入前に学ぶ!勝ち残るリノベーション不動産投資戦略」
  6. 協賛セミナー:大木二範氏「自己資金0からはじめるマンション経営」
  7. 協賛セミナー:重吉勉氏「成功するマンション投資は実績15,000戸の賃貸管理会社に聞け!」
  8. 特別講演:猪俣淳氏「不動産投資の出口戦略と再投資戦略」
  9. まとめ:不動産投資

特別講演:束田光陽氏「初心者の方も見直しの方も。不動産投資の理論と実例で、イロハがわかる。」

束田光陽氏は、ファイナンシャルアカデミー「不動産投資の学校」講師としてご活躍されています。

講演内容の一部はこんな感じでした。

  • 不動産投資のメリットは、ゼロになりにくいこと
  • デメリットは、投資対象が高いこと
  • 不動産投資は、家賃収入(インカムゲイン)と売却差益(キャピタルゲイン)×低金利(レバレッジ効果)と節税効果(所得税など)を理解すること
  • 不動産投資は目的をはっきりしてから買うこと(家賃収入なのか、節税効果なのか)
  • 普段からローンを組む銀行の心象を良くする努力をすること(こまめな記帳、積み立て貯金など)
  • 「区分所有、一棟アパート、一棟マンション」×「都心、郊外、地方都市」×「中古物件、新築物件」×「オーナーチェンジ、空室」という組み合わせがあり、自分の得意な分野で不動産投資を行うべき
  • 物件の相場感、土地勘を養う(物件を比較する、実際に見に行くなど)
  • ダメな物件は値下げ交渉を、良い物件は即買い
  • 物件選びは吟味すること
  • 1000(件見て):100(件行って):10(件業者と商談):1(件購入)

感想

講演を聞くたびに感じるのは、かなり地道な作業だということ。物件を1000件見て、購入に至るのは1個。銀行でローンを組んだり、値下げ交渉したり、リフォームの発注をしたりと、ここまでのプロセスが好きな人じゃないと無理だなと。

ファイナンシャルアカデミー不動産セミナーはこちら→不動産投資の学校・不動産投資セミナーページ

協賛セミナー:荒瀬朋之氏「ITとリアルから見る、これからのアパート経営」

荒瀬朋之氏は、株式会社インベスターズクラウドTATERU東京本部コンシェルジュとしてご活躍されています。

講演内容は、インベスタークラウドのアパート経営サービス「TATERU」の説明と、TATERUを用いた不動産投資の魅力についてのものでした。

TATERUには、

  1. 1次流通であること(中間マージンがほとんど無く、従来の2次流通より低コストで土地を購入できる)
  2. デザインアパートであること(カッコイイ)
  3. アパートの管理は同社が請け負うので、オーナーたる我々ユーザーは家賃を受け取るだけ

という3つのメリットがあり、より低コストでアパートのオーナーになれるんだとか。下記リンクにもありますが、会社員や公務員、自営業の方が始められる不動産投資として展開するようです。

これからアパート経営をしたい方は、是非ともチェックしておきたいですね。

同社の資料請求を無料で行いたい方は、こちら→アパート経営の資料請求(無料DVDつき)ページへ

協賛セミナー:沖有人氏「ロボット仲介~自宅投資のススメ~」

沖有人氏は、スタイルアクト株式会社代表取締役としてご活躍されています。

ロボット仲介とは、同社の運営サイト「住まいサーフィン」で提供されているサービスです。自宅を購入希望の方に対し、日々更新される中古マンションの情報をビッグデータによって解析し、適正価格より割安なマンションを紹介するものです。

講演では、そうした「自宅投資」をテーマにした中古マンションの購入についての話題が中心でした。

今どきはこうして、マンションの相場から割安なものがあっという間に分かるんですねぇ。しかもそういったマンションの購入による資産形成まで指南してくれるなんて、至れり尽くせりじゃないですか!

住まいサーフィンへの登録はこちら→6万戸超の新築マンション価格表がわかる【住まいサーフィン】

トークセッション:赤井誠氏、森下千里氏「サラリーマン大家に聞く働きながら不動産で資産形成するコツ」

赤井誠氏は、サラリーマン大家、人気不動産投資ブロガーとしてご活躍されています。

森下千里さんは、女優、タレントとしてご活躍されています。

内容は森下千里氏が赤井誠氏に、不動産投資について質問形式でトークを繰り広げるというものでした。こちらも箇条書きで。

  • 森下千里さん:不動産投資のきっかけは?
  • 赤井誠氏:たまたまBIG Tomorrowを読んでいたら、束田光陽氏の不動産投資の記事があってそれがきっかけ。DIYの趣味が活かせそうだと思った。
  • 森下千里さん:不動産投資の苦労は?働きながらどうやって勉強した?
  • 赤井誠氏:はじめはお小遣い程度で考えていた。ローンや子供の出費もあって、苦労した。寝る間も惜しんで勉強し、本屋で不動産の本を買い漁って読んだ。
  • 森下千里さん:働きながら不動産を行うヒントは?
  • 赤井誠氏:サラリーマンしながらのメリットは、収入や勤続年数などが銀行に評価されることだから、それを活かす。デメリットもあり、本業(サラリーマン)がおろそかになることや、お金に夢中になりすぎてしまうこと。
  • 森下千里さん:はじめに購入した物件は?
  • 赤井誠氏:福岡のアパート物件。それまで何件もキャンセルになった。
  • 森下千里さん:(福岡の)決め手は?
  • 赤井誠氏:福岡が好きだったのと、当時(2005年)福岡にオリンピックの話などもあったから。
  • 森下千里さん:実際その後どうなった?
  • 赤井誠氏:部屋に入居者が集まらないことがあり、チラシを工夫するなどした。
  • 森下千里さん:売り時の目安は?
  • 赤井誠氏:思った通りに売れないことが多い。定期的に物件を見直すこと。時代の流れなど、どうしても悪い物件が出てくる。
  • 森下千里さん:土地勘はあったほうがいい?
  • 赤井誠氏:あったほうがいい。
  • 森下千里さん:これから第一歩を踏み出す方々に一言。
  • 赤井誠氏:日本は世界的に見ても本当に恵まれている。チャレンジせよ。

感想

相当ご苦労があったんですねぇ。だからこそ、生々しくてタメになります!

やっぱりサラリーマンをしながらってのが凄いですよ。情熱を感じます。今でこそネットでちゃちゃっと調べられますけど、そのくらいじゃないと不動産投資で成功できないってことですよね。

協賛セミナー:巻口成憲氏「購入前に学ぶ!勝ち残るリノベーション不動産投資戦略」

巻口成憲氏は、リズム株式会社顧問で、公認不動産コンサルティングマスターとしてご活躍されています。

講演内容は、リノベーションによる不動産投資で勝つことをテーマにしたお話でした。

従来の物件はマーケティング不在の作りが多く、顧客は不満を抱えていた。そこで適切なマーケティングを行い、顧客が真に求める物件へとリノベーションすることで、不動産投資を成功させるのだそう。

この講演で印象に残っているのが、「不動産は物件を作ってから売るところが多いが、リズムはお客様を作ってから売る」という言葉。従来型の不動産にはない、ブランドの創造で物件を売るというスタイルは、これから流行るんじゃないでしょうか?

公式サイトはこちら→リズム株式会社

協賛セミナー:大木二範氏「自己資金0からはじめるマンション経営」

大木二範氏は、株式会社アセットリード執行役員営業部長としてご活躍されています。

この講演では、資産形成とライフイベントから、長期資産としてのマンション経営について学びました。

僕のような自営業だと難しいですが、通常の会社員や公務員であれば、誰でも不動産投資ローンが使えるそうです。そしてアセットリードでは、豊富な提携金融機関や、グループ企業によるサポートによってオーナーを支える環境を整えているようです。

資産形成もピンキリですからね。物件で大きく資産を増やしたい人もいれば、長期保有目的で不動産を得たい人もいますし。アセットリードは特に後者の方向けですね。

公式サイトはこちら→株式会社アセットリード

協賛セミナー:重吉勉氏「成功するマンション投資は実績15,000戸の賃貸管理会社に聞け!」

重吉勉氏は、株式会社日本財託代表取締役としてご活躍されています。

前回参加したマネーフォワードのセミナー同様、中古マンション投資について学びました。

バブル崩壊後から同社を経営されてきた重吉勉氏のお話は、とても含蓄のあるものでしたねぇ。

不動産というと、タワマンの節税や高利回り、売買といった派手な面にばかり目が行きがちです。しかし、どんな不動産投資であっても相応のリスクがあること。これを再認識させられました。

だからこそ、バブル崩壊を乗り越えられてきたのでしょう。

解説も丁寧で、今回講演してくださった方の中で、最も分かりやすかったです。

公式サイトはこちら→日本財託グループ

特別講演:猪俣淳氏「不動産投資の出口戦略と再投資戦略」

猪俣淳氏は、米国不動産投資顧問協会(CCIM)日本支部理事、米国不動産管理協会(IREM)日本支部理事としてご活躍されています。

最後の講演が一番難しかったですね。ほとんど数学の時間でした。

でも、不動産投資をするなら数字で収益が計れないといけないということが分かりました。それはすなわち、戦略的でなければならないということです。

儲かりそうとかデザイン性だけではない、もっと確固たる投資理由としての、収益性や税金の分析が必要なのですね。

まとめ:不動産投資は地道な努力で堅実な成果を得る投資

今までREITしか分からなかったんですが、リアルな現物の不動産投資ってとても奥が深いことが分かりました。

区分所有、一棟、アパート、マンション、都心、地方、中古、新築、空室などなど、様々なファクターを加味しながら、自身の資産と将来を見極めなければならないのでしょう。

そうなると、不動産投資はただ物件を保有したり売買したりする単純なものではないということですね。収益の分析や地道な調査、マーケティングや戦略など、コツコツと努力を積み重ねることでようやく成果の得られる投資なんです。

今日は一気に不動産のことが学べた、大変有意義な一日でした。

スポンサーリンク

いつもシェアしていただきありがとうございます!今回もぜひ!

※なぜ、はてなブログ以外ははてブしないの?そこのはてなブロガーさん!