2015/12/18の運用成績は、日銀の発表に両建てを使う。

2015年12月19日FX, 今日の運用成績

今日は日銀の金融政策決定会合の発表でしたね。

現状維持でありつつも、金融緩和を補完する措置の導入を決めました。

これちょっと難しいな。

今日の日経平均とマザーズおよび新興市場の市況

マザーズ総合は反落。

前日比-17.32円の875.87円。

日経平均は大幅下落。

前日比-366.76円の18,986.80円で取引終了です。

本日の運用成績はこちらです。

2015年12月18日運用成績画像

日銀の発表

なんのことはなくて、これ以上現在の「残存期間7~10年」の国債を買い続けていると、市場から「もう国債買えないでしょ?(=市場にお金が流せなくなる)」って疑われるから、「残存期間7~12年」までの国債も買えるようにしますって話です。

さらに、上場投資信託(ETF)の買い入れペースを、現在の年3兆円からさらに3000億円増額すると決めました。

事実上の追加緩和とも見れますが、市場は一旦買いで反応するも、内容に失望感がでてしまい、一転して売りが優勢になってしまったのです。

両建て

この時のお昼頃に、ドル円を両建てでポジションを取りました。

両建ては売りと買いのポジションを取ることなので、どっちに値が動いても評価損益額が変わらないのです。

大きなイベントがあるときに使うやり方なので、今回の日銀の発表で用いてみました。

トレンドの方向が出るまで両建てでポジションを維持し、売りが優勢になった段階で、両建ての買いのポジションを決済し、売りポジションを増額。今日はそれで儲けが出ました。

ただ、通常の取引で使うにはちょっと不向きみたいですね。

手順が面倒で、今日の最終は損失です。

使いどころさえ間違わなければ有効かもしれません。

末尾コーナー:投資家向け関連記事やサービス!

投資家向けに関連記事やサービスをまとめました。近年はフィンテック関連のサービスや情報が話題ですので、情報収集にお役立てください。

なお常識ですが、どのサービスを利用する場合においても、必ずリスク(値動きリスク、事業者リスク、信用リスク、地政学リスク、セキュリティリスク)を確認・承知し、自己責任の原則に基づいてご利用ください。

株式

株式投資には主に楽天証券を用いています。ポイントを使った積立投資など、ポイントに絡んだサービスが充実!
created by Rinker
使い勝手が良く、口座開設するとSPU対象になるので楽天スーパーポイントもガンガン貯まる!

FX

FXには下記の口座を開設しています。使い勝手や手法はもちろん、スプレッドによって合う合わないがありますから、自分の使いやすい口座を開設して利用すると良いでしょう。
created by Rinker
主要通貨スプレッド
  • ドル円(USD/JPY):0.3銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):1.1銭
  • ポンド円(GBP/JPY):1.0銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):1.2銭
created by Rinker
主要通貨スプレッド
  • ドル円(USD/JPY):0.4銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):0.9銭
  • ポンド円(GBP/JPY):1.4銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):0.9銭
created by Rinker
主要通貨スプレッド
  • ドル円(USD/JPY):0.3銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):0.5銭
  • ポンド円(GBP/JPY):1.0銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):0.7銭
created by Rinker
主要通貨スプレッド
  • ドル円(USD/JPY):0.3銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):0.5銭
  • ポンド円(GBP/JPY):1.0銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):0.7銭
created by Rinker
特許取得の自動売買「トラリピ」が有名。主要通貨スプレッドは変動制のため下記の通り。
  • ドル円(USD/JPY):3.0~4.0銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):4.0~5.0銭
  • ポンド円(GBP/JPY):6.0~7.0銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):5.0~6.0銭

ちなみに僕は、FXでは主に平均足を使う派です。ローソク足よりトレンドが掴みやすく、移動平均線と組み合わせてトレードしています。平均足についてはこちら→FXの平均足の基本・手法・見方・儲け方・考え方・戦略などまとめ

~注目:M&Aマッチングサービス~

現在、景況感の悪化に伴い、M&Aマッチングサービスで事業やサービス、メディアを売却する動きが出ています。下記記事に詳細をまとめましたので、資金繰りの案としてご検討ください。

[2020年最新版]事業や資産の売却(資金繰り)に使えるM&A(事業継承)マッチングサービスまとめ

※このメッセージは1年以上前の記事(当記事最初の更新は2015年12月19日)に出るものです。最新の情報と異なる可能性がありますので、公式サイトへアクセスするか別途お調べください。