Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/ytrsdijun/ytrsdijun.com/public_html/wp-includes/script-loader.php on line 2841

参院選前の岸田政権の支持率下落で選挙後の株価はどうなる?

今日の運用成績

みなさんどうも参院選。選挙後の株価に注目している@xi10jun1です。

理由はタイトルの通り、岸田政権の支持率がどうも低下してきたとのこと。

株クラ勢はこれをどう見るんでしょうね。

投資家から庶民へ不評が移動し始めた岸田政権

就任当初、証券税制の増税を示唆していただけに株クラからは相当嫌われていた岸田政権。

国内向けの経済政策もほどほどに、インドをはじめとする海外への巨額の投融資が取り沙汰されるや否やこれまた批判が集中。

検討使とまで揶揄されるほどの実行不足が指摘されながら、ガソリン税や消費税だけは検討もそこそこに減税しないとキッパリ。

これでは投資家はおろか、一般庶民だって愛想を尽かすでしょう。特に地方はガソリン税の減税に期待していましたし、補助金を出してガソリン価格を抑えたとPRしたところで実感できなければ意味がありません。

だって1月時点のガソリン価格と7月の値段が同じなんですから。

まして1月の時点で世界的なインフレや2月のウクライナ情勢を鑑みれば、法改正に時間がかかるとするガソリン税の減税を見送るなんてあり得ないでしょ。

そしてその補助金、減税するよりもお金かかってませんか?

減税の話になると「財源がー」という割に、どうして補助金は湯水のごとく出てくるのか。出せるのか。そしてそれは先ほどの海外への投融資も同様です。

これほどの矛盾とガッカリ感が続きますし、まだ就任から1年も経過していませんが、『岸田政権のおかげでこうなった!』という話がほとんど出てきません。

やはり減税ができないのが痛いし、ショボい。これに尽きます。

まとめ:参院選で議席を減らして岸田降ろしが囁かれて株高か

個人的にはこういうストーリーだとありがたい。

国内向けのインパクトのある政策、それこそガソリン税や消費税が減税できない有り様では期待できませんからね。

なので参院選で自民が危機感のあるくらい議席を減らし、岸田降ろしが自民党内で動き出してくるあたりから株高になるかもしれないと踏んでいます。

~注目:M&Aマッチングサービス~

現在、景況感の悪化に伴い、M&Aマッチングサービスで事業やサービス、メディアを売却する動きが出ています。下記記事に詳細をまとめましたので、資金繰りの案としてご検討ください。

[2020年最新版]事業や資産の売却(資金繰り)に使えるM&A(事業継承)マッチングサービスまとめ