米中摩擦のリスク感再燃でクロス円は円高方向に。

今日の運用成績

2020年7月24日ドル円画像

今日も市場は休みでしたが、為替は円高にドカッと動きましたね。

アメリカ政府が南部テキサス州ヒューストンの中国総領事館について閉鎖を命じたことをうけて、中国側が対抗措置として同国四川省の成都にあるアメリカ総領事館の閉鎖を通知するとのニュースが出て、再び米中摩擦の火種が大きくなってきました。

一度は歩み寄りを見せた両国の関係が再び悪化するとなると、まぁ円高でしょうねぇ・・・。

今日のドル円の市況

2020年7月24日ドル円画像

そんな状況ですから、さすがに今日のドル円はドカッと円高基調になりましたね。

これで方向感が出てくれるといいんですが、まだ摩擦感が強まっただけで決定打的な事態が起きていないため、下げ方は徐々に収まってくるかもしれません。しかし、今後も連続して米中摩擦のニュースが出る可能性が高く、リスク感からの急な円高は起こりうるでしょうね。

新型コロナウイルスで下げて金融緩和とワクチン期待で上げてを繰り返していた相場に、新たに米中摩擦のリスクが加わるのか・・・。

米中の貿易で第一段階の合意に至る前までの相場でさえあれだけ下げていたんですから、領事館の閉鎖や香港情勢などアメリカ以外の国とも摩擦が生じているこの状況を、果たして金融緩和のジャブジャブ相場だけで乗り切れるんですかね?

本日の運用成績はこちらです。

2020年7月24日運用成績画像

為替は円高をベースに取引していく

経済への影響という意味ではアメリカの失業保険受給者数が増加に転じたり、上記のような米中摩擦があったりと、予断を許さない状況なのかなと。やはり為替は当面円高を指揮したほうがいいかもしれない。

あとは金融緩和でジャブジャブになったけれども、それで儲かっているのが富裕層だけでは意味がありませんからね。貧困層や中間層に然るべくお金が回るようにするためには、富裕層や『余裕のある人』にさらなる税金をかける施策が予想されます。

で、そうやって税金で脅しをかけることで、節税のために『ふるさと納税』とか様々な個所にお金を出すように仕向ける、というわけですな。

いずれにしても、為替は円高に振れやすい状況でしょうから、気をつけて取引したいですね。

末尾コーナー:投資家向け関連記事やサービス!

投資家向けに関連記事やサービスをまとめました。近年はフィンテック関連のサービスや情報が話題ですので、情報収集にお役立てください。

なお常識ですが、どのサービスを利用する場合においても、必ずリスク(値動きリスク、事業者リスク、信用リスク、地政学リスク、セキュリティリスク)を確認・承知し、自己責任の原則に基づいてご利用ください。

株式

株式投資には主に楽天証券を用いています。ポイントを使った積立投資など、ポイントに絡んだサービスが充実!
created by Rinker
使い勝手が良く、口座開設するとSPU対象になるので楽天スーパーポイントもガンガン貯まる!

FX

FXには下記の口座を開設しています。使い勝手や手法はもちろん、スプレッドによって合う合わないがありますから、自分の使いやすい口座を開設して利用すると良いでしょう。
created by Rinker
主要通貨スプレッド
  • ドル円(USD/JPY):0.3銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):1.1銭
  • ポンド円(GBP/JPY):1.0銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):1.2銭
created by Rinker
主要通貨スプレッド
  • ドル円(USD/JPY):0.4銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):0.9銭
  • ポンド円(GBP/JPY):1.4銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):0.9銭
created by Rinker
主要通貨スプレッド
  • ドル円(USD/JPY):0.3銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):0.5銭
  • ポンド円(GBP/JPY):1.0銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):0.7銭
created by Rinker
主要通貨スプレッド
  • ドル円(USD/JPY):0.3銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):0.5銭
  • ポンド円(GBP/JPY):1.0銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):0.7銭
created by Rinker
特許取得の自動売買「トラリピ」が有名。主要通貨スプレッドは変動制のため下記の通り。
  • ドル円(USD/JPY):3.0~4.0銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):4.0~5.0銭
  • ポンド円(GBP/JPY):6.0~7.0銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):5.0~6.0銭

ちなみに僕は、FXでは主に平均足を使う派です。ローソク足よりトレンドが掴みやすく、移動平均線と組み合わせてトレードしています。平均足についてはこちら→FXの平均足の基本・手法・見方・儲け方・考え方・戦略などまとめ

~注目:M&Aマッチングサービス~

現在、景況感の悪化に伴い、M&Aマッチングサービスで事業やサービス、メディアを売却する動きが出ています。下記記事に詳細をまとめましたので、資金繰りの案としてご検討ください。

[2020年最新版]事業や資産の売却(資金繰り)に使えるM&A(事業継承)マッチングサービスまとめ