日経平均続落。アメリカの景気悪化がジワジワと意識か。

今日の運用成績

2020年4月16日日経平均画像

日経平均が続落ですか。

ダウが下げているのが何とも言えないというか、指標悪化は織り込んでいるかと思ったんですが、いつもと違う状況なので売りが出たのか。

20,000円台、なかなか遠いな。

今日の日経平均とマザーズおよび新興市場の市況

日経平均は続落。

2020年4月16日日経平均画像

前日比-259.89円の19,290.20円で取引終了です。

日経平均、本当に20,000円が遠いな・・・。なかなか抜けてこないのがもどかしいうえに、下げても日銀がやってくるこの相場では下手に売り向かえないのも面倒だ。

そうなるとまた決定打的な売り、それこそ金融機関破綻レベルの打撃で2番底まっしぐら的な下げじゃないとダメか。

しかし、そんなのが来たらいよいよ不況入りなんだけど・・・。

マザーズ総合は続伸。

2020年4月16日マザーズ総合指数画像

前日比+19.24円の730.88円。

マザーズがやたら強いんですが、これたぶん痺れを切らした大口とか個人投資家によるマネーゲーム的な値動きかもしれないな。

IPO銘柄で強いのもあるんですが、セクター的に強いのはIT系やバイオ系などの瞬間で急騰しやすい銘柄に集中しているのが特徴的だし。

それにしても、狙っている銘柄が上がりだしてしまってツラい・・・。

本日の運用成績はこちらです。

2020年4月16日運用成績画像

本格的な不況の到来か

IMFが大恐慌以来の不況になるとのアナウンスを出しているようですが、これかなり可能性高いのかなと。

新型コロナウイルスはリーマンショックのような1国の出来事ではなく世界全体で起きているリスクなので、この解決には数か月から年単位の時間がかかるでしょうね。

日本のような医療体制が整っている国ばかりではありませんので、仮に国内の感染が落ち着いても海外の情勢が悪化しては意味が無いし。

また、不況か・・・。

末尾コーナー:投資家向け関連記事やサービス!

投資家向けに関連記事やサービスをまとめました。近年はフィンテック関連のサービスや情報が話題ですので、情報収集にお役立てください。

なお常識ですが、どのサービスを利用する場合においても、必ずリスク(値動きリスク、事業者リスク、信用リスク、地政学リスク、セキュリティリスク)を確認・承知し、自己責任の原則に基づいてご利用ください。

株式

株式投資には主に楽天証券を用いています。ポイントを使った積立投資など、ポイントに絡んだサービスが充実!
created by Rinker
使い勝手が良く、口座開設するとSPU対象になるので楽天スーパーポイントもガンガン貯まる!

FX

FXには下記の口座を開設しています。使い勝手や手法はもちろん、スプレッドによって合う合わないがありますから、自分の使いやすい口座を開設して利用すると良いでしょう。
created by Rinker
主要通貨スプレッド
  • ドル円(USD/JPY):0.3銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):1.1銭
  • ポンド円(GBP/JPY):1.0銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):1.2銭
created by Rinker
主要通貨スプレッド
  • ドル円(USD/JPY):0.4銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):0.9銭
  • ポンド円(GBP/JPY):1.4銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):0.9銭
created by Rinker
主要通貨スプレッド
  • ドル円(USD/JPY):0.3銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):0.5銭
  • ポンド円(GBP/JPY):1.0銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):0.7銭
created by Rinker
主要通貨スプレッド
  • ドル円(USD/JPY):0.3銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):0.5銭
  • ポンド円(GBP/JPY):1.0銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):0.7銭
created by Rinker
特許取得の自動売買「トラリピ」が有名。主要通貨スプレッドは変動制のため下記の通り。
  • ドル円(USD/JPY):3.0~4.0銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):4.0~5.0銭
  • ポンド円(GBP/JPY):6.0~7.0銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):5.0~6.0銭

ちなみに僕は、FXでは主に平均足を使う派です。ローソク足よりトレンドが掴みやすく、移動平均線と組み合わせてトレードしています。平均足についてはこちら→FXの平均足の基本・手法・見方・儲け方・考え方・戦略などまとめ

~注目:M&Aマッチングサービス~

現在、景況感の悪化に伴い、M&Aマッチングサービスで事業やサービス、メディアを売却する動きが出ています。下記記事に詳細をまとめましたので、資金繰りの案としてご検討ください。

[2020年最新版]事業や資産の売却(資金繰り)に使えるM&A(事業継承)マッチングサービスまとめ