日経平均大幅反発。非常事態宣言を見越した悪材料出尽くし買い狙いか。

今日の運用成績

2020年4月6日日経平均画像

日経平均が驚くほど強く上がりましたが、非常事態宣言を見越した悪材料出尽くし上げでしょうかね。

ただ引け後に経済対策も発表されたので、明日の相場ではそれも考慮されるといいな。

このまま収束に向かうと良いんだが・・・。

今日の日経平均とマザーズおよび新興市場の市況

日経平均は大幅反発。

2020年4月6日日経平均画像

前日比+756.11円の18,576.30円で取引終了です。

緊急事態宣言を見越した買い入れ、あるいはショートポジの決済買いも相まって、かなり大きめの上昇になりましたね。

これが続けばいいんですが、引け後に発表された総額108兆円経済対策どう市場に評価されるかだな。

とにかく日本の株価は内部要因で上がらないことが多いので、もしダウも上がってくれるなら続伸も期待できるか。

マザーズ総合は反発。

2020年4月6日マザーズ総合指数画像

前日比+21.16円の614.79円。

マザーズも買い気配でしたね。非常事態宣言を見越した買いがこちらにもあったのでしょうか。

だとしたらこのまま続伸して回復してほしいけれど、直近の高値である643円を超えられるかどうかが焦点になりますね。

そう考えるとまだどの銘柄も安値の位置にあるとも言えますが、こういった下げには2番底もあるから・・・。

本日の運用成績はこちらです。

2020年4月6日運用成績画像

経済対策がどうなるか?

日本からも108兆円規模の経済対策が発表され、やっと少し市場が落ち着いてくれそうな気配です。

ただ、6兆円の現金給付や26兆円の納税や社会保険料の支払い猶予は発表されていますが、残りの金額についてはまだ内訳の全容が分かっていません。

今後徐々に発表されてくるのでしょうけど、これで少しは経済の悪化を止められるといいな。

そして消費税の減税は最終手段でしょうから、2番底や各国の金融機関の破綻の有無、そして今下げている原油のことも考えるとまだ手を付けられないかと。

末尾コーナー:投資家向け関連記事やサービス!

投資家向けに関連記事やサービスをまとめました。近年はフィンテック関連のサービスや情報が話題ですので、情報収集にお役立てください。

なお常識ですが、どのサービスを利用する場合においても、必ずリスク(値動きリスク、事業者リスク、信用リスク、地政学リスク、セキュリティリスク)を確認・承知し、自己責任の原則に基づいてご利用ください。

株式

株式投資には主に楽天証券を用いています。ポイントを使った積立投資など、ポイントに絡んだサービスが充実!
created by Rinker
使い勝手が良く、口座開設するとSPU対象になるので楽天スーパーポイントもガンガン貯まる!

FX

FXには下記の口座を開設しています。使い勝手や手法はもちろん、スプレッドによって合う合わないがありますから、自分の使いやすい口座を開設して利用すると良いでしょう。
created by Rinker
主要通貨スプレッド
  • ドル円(USD/JPY):0.3銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):1.1銭
  • ポンド円(GBP/JPY):1.0銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):1.2銭
created by Rinker
主要通貨スプレッド
  • ドル円(USD/JPY):0.4銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):0.9銭
  • ポンド円(GBP/JPY):1.4銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):0.9銭
created by Rinker
主要通貨スプレッド
  • ドル円(USD/JPY):0.3銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):0.5銭
  • ポンド円(GBP/JPY):1.0銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):0.7銭
created by Rinker
主要通貨スプレッド
  • ドル円(USD/JPY):0.3銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):0.5銭
  • ポンド円(GBP/JPY):1.0銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):0.7銭
created by Rinker
特許取得の自動売買「トラリピ」が有名。主要通貨スプレッドは変動制のため下記の通り。
  • ドル円(USD/JPY):3.0~4.0銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):4.0~5.0銭
  • ポンド円(GBP/JPY):6.0~7.0銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):5.0~6.0銭

ちなみに僕は、FXでは主に平均足を使う派です。ローソク足よりトレンドが掴みやすく、移動平均線と組み合わせてトレードしています。平均足についてはこちら→FXの平均足の基本・手法・見方・儲け方・考え方・戦略などまとめ

~注目:M&Aマッチングサービス~

現在、景況感の悪化に伴い、M&Aマッチングサービスで事業やサービス、メディアを売却する動きが出ています。下記記事に詳細をまとめましたので、資金繰りの案としてご検討ください。

[2020年最新版]事業や資産の売却(資金繰り)に使えるM&A(事業継承)マッチングサービスまとめ