日経平均は弱々しい値動き。2番底を目指す値動きはまだ先か?

今日の運用成績

2020年3月30日日経平均画像

日経平均がまた弱々しいですね・・・。

一時は800円ほど下げたんですが、日銀がまた2,000億円のETF買いをしたようで後場から持ち直した様子。

ていうか、こんなこといつまでやるのかね?国内に流通させたほうがよっぽど刺激になるような気がするが・・・。

今日の日経平均とマザーズおよび新興市場の市況

日経平均は大幅下落。

2020年3月30日日経平均画像

前日比-304.46円の19,084.97円で取引終了です。

権利日を過ぎたことで優待株の売りもあったのでしょうね。ただ当面は優待株の買いもありませんので、ここからどうなるかが焦点になりそうだ。

あれから新型コロナウイルスの感染者数ばかりが話題になったままですが、その裏で原油も下げだしているのが怖いな。こちらはウイルスの影響とは次元が異なるだけに、隠れたリスクとして覚えておかないとな。

マザーズ総合は続落。

2020年3月30日マザーズ総合指数画像

前日比-10.74円の612.28円。

新興系銘柄を買ったトレーダーは絶賛含み損でしょうねぇ。

大型は日銀が買うので下げにくくなるにしても、新興市場がリスク感を反映するような値動きになるとすると、このペースだとまた600円割れとか500円割れとかするかもしれない。

本日の運用成績はこちらです。

2020年3月30日運用成績画像

経済対策が急務

日本は未だに給付を渋っているところがありますが、早く現金給付やらないとウイルスじゃない死者が出ますよこれ・・・。

ただ、2番底の可能性を踏まえると、まだ消費税の減税は取って置きたい。一旦は現金給付で、さらに景気が悪化するようなら消費税の減税かな。

とにかく経済対策が日本は遅すぎるので、早くしてほしいな。

末尾コーナー:投資家向け関連記事やサービス!

投資家向けに関連記事やサービスをまとめました。近年はフィンテック関連のサービスや情報が話題ですので、情報収集にお役立てください。

なお常識ですが、どのサービスを利用する場合においても、必ずリスク(値動きリスク、事業者リスク、信用リスク、地政学リスク、セキュリティリスク)を確認・承知し、自己責任の原則に基づいてご利用ください。

株式

株式投資には主に楽天証券を用いています。ポイントを使った積立投資など、ポイントに絡んだサービスが充実!
created by Rinker
使い勝手が良く、口座開設するとSPU対象になるので楽天スーパーポイントもガンガン貯まる!

FX

FXには下記の口座を開設しています。使い勝手や手法はもちろん、スプレッドによって合う合わないがありますから、自分の使いやすい口座を開設して利用すると良いでしょう。
created by Rinker
主要通貨スプレッド
  • ドル円(USD/JPY):0.3銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):1.1銭
  • ポンド円(GBP/JPY):1.0銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):1.2銭
created by Rinker
主要通貨スプレッド
  • ドル円(USD/JPY):0.4銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):0.9銭
  • ポンド円(GBP/JPY):1.4銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):0.9銭
created by Rinker
主要通貨スプレッド
  • ドル円(USD/JPY):0.3銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):0.5銭
  • ポンド円(GBP/JPY):1.0銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):0.7銭
created by Rinker
主要通貨スプレッド
  • ドル円(USD/JPY):0.3銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):0.5銭
  • ポンド円(GBP/JPY):1.0銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):0.7銭
created by Rinker
特許取得の自動売買「トラリピ」が有名。主要通貨スプレッドは変動制のため下記の通り。
  • ドル円(USD/JPY):3.0~4.0銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):4.0~5.0銭
  • ポンド円(GBP/JPY):6.0~7.0銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):5.0~6.0銭

ちなみに僕は、FXでは主に平均足を使う派です。ローソク足よりトレンドが掴みやすく、移動平均線と組み合わせてトレードしています。平均足についてはこちら→FXの平均足の基本・手法・見方・儲け方・考え方・戦略などまとめ

~注目:M&Aマッチングサービス~

現在、景況感の悪化に伴い、M&Aマッチングサービスで事業やサービス、メディアを売却する動きが出ています。下記記事に詳細をまとめましたので、資金繰りの案としてご検討ください。

[2020年最新版]事業や資産の売却(資金繰り)に使えるM&A(事業継承)マッチングサービスまとめ