日経平均続落。年末ムード一色でマザーズも小動き。

今日の運用成績

2019年12月20日日経平均画像

日経平均が続落ですか。

年末ムードがかなり漂ってきた感じで、積極的な売買は控えられている感じかな。もうトレードしていない投資家さんもいるようです。

米中摩擦も今年はもうこれ以上は拡大しなさそうですし、大納会は23,000円台かもしれませんね。

今日の日経平均とマザーズおよび新興市場の市況

日経平均は続落。

2019年12月20日日経平均画像

前日比-48.22円の23,816.63円で取引終了です。

確かに続落ですが、日経平均にしては強さを維持しているんじゃないでしょうか?いつもの日経平均ならとっくに23,000円割れこんで、買い増ししていたトレーダーを地獄の底に突き落としていただろうに。

売買が薄くなっているというのもありますが、それを差し引いても高値圏で推移している強さは評価できます。

ただドル円も109円台半ばで小動きしたままか。

マザーズ総合は小幅続伸。

2019年12月20日マザーズ総合指数画像

前日比+5.45円の872.35円。

マザーズのこのチャートの形、ちょっと嫌な雰囲気ですね。

ここでサクッとV字回復すれば900円台も期待できますが、売買の小ささから上値を追いきれないのかな?

一方で、IPO銘柄の売買は盛んなようで、こんな相場でも値幅の取れる銘柄に資金が集中している印象です。

本日の運用成績はこちらです。

2019年12月20日運用成績画像

市場はしばらく小動きが続く見込み

年末で積極的な売買は控えられていますから、ここで無理やり参戦する必要は無いですね。

このままいけば、日経平均は23,000円台、ドル円は109円半ばで今年の相場は終わるかもしれないな。

ただちょっと気になるのが、中国経済です。ここ最近は鳴りを潜めていますが、見通し悪化のニュースが出てくる可能性も無くはないので、油断はしないようにしておかねば。

末尾コーナー:投資家向け関連記事やサービス!

投資家向けに関連記事やサービスをまとめました。近年はフィンテック関連のサービスや情報が話題ですので、情報収集にお役立てください。

なお常識ですが、どのサービスを利用する場合においても、必ずリスク(値動きリスク、事業者リスク、信用リスク、地政学リスク、セキュリティリスク)を確認・承知し、自己責任の原則に基づいてご利用ください。

株式

株式投資には主に楽天証券を用いています。ポイントを使った積立投資など、ポイントに絡んだサービスが充実!
created by Rinker
使い勝手が良く、口座開設するとSPU対象になるので楽天スーパーポイントもガンガン貯まる!

FX

FXには下記の口座を開設しています。使い勝手や手法はもちろん、スプレッドによって合う合わないがありますから、自分の使いやすい口座を開設して利用すると良いでしょう。
created by Rinker
主要通貨スプレッド
  • ドル円(USD/JPY):0.3銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):1.1銭
  • ポンド円(GBP/JPY):1.0銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):1.2銭
created by Rinker
主要通貨スプレッド
  • ドル円(USD/JPY):0.4銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):0.9銭
  • ポンド円(GBP/JPY):1.4銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):0.9銭
created by Rinker
主要通貨スプレッド
  • ドル円(USD/JPY):0.3銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):0.5銭
  • ポンド円(GBP/JPY):1.0銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):0.7銭
created by Rinker
主要通貨スプレッド
  • ドル円(USD/JPY):0.3銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):0.5銭
  • ポンド円(GBP/JPY):1.0銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):0.7銭
created by Rinker
特許取得の自動売買「トラリピ」が有名。主要通貨スプレッドは変動制のため下記の通り。
  • ドル円(USD/JPY):3.0~4.0銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):4.0~5.0銭
  • ポンド円(GBP/JPY):6.0~7.0銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):5.0~6.0銭

ちなみに僕は、FXでは主に平均足を使う派です。ローソク足よりトレンドが掴みやすく、移動平均線と組み合わせてトレードしています。平均足についてはこちら→FXの平均足の基本・手法・見方・儲け方・考え方・戦略などまとめ

~注目:M&Aマッチングサービス~

現在、景況感の悪化に伴い、M&Aマッチングサービスで事業やサービス、メディアを売却する動きが出ています。下記記事に詳細をまとめましたので、資金繰りの案としてご検討ください。

[2020年最新版]事業や資産の売却(資金繰り)に使えるM&A(事業継承)マッチングサービスまとめ