日経平均回復も引け後に再び売りが加速。債権市場は景気後退を示唆。

今日の運用成績

昨日のトランプ大統領と米政府の発言により日経平均も急回復したと思いきや、引け後にまたズルズルと下げてきましたね。

夜になると債権市場が再び景気後退を思わせる、逆イールドカーブや利回りの低下になったことから、先物の下落やドル円の円高に繋がってしまっています。

もし昨日の値動きがなければ、今頃日経平均は2万円割れていたかもしれないな。

今日の日経平均とマザーズおよび新興市場の市況

日経平均は反発。

2019年8月14日日経平均画像

前日比+199.69円の20,655.13円で取引終了です。

トランプ大統領と米政府の発言に伴いダウやドル円が急回復したので、日経平均もつられて上昇していますね。

とはいえ、ここでもう一段の上昇が無いあたり、まだリスク感がくすぶっているんでしょうね。アメリカだけじゃなく、アルゼンチンやイギリス、ドイツもありますので、下手に買い向かえないのが正直なところ。

これ損した投資家いっぱいいるだろうな。元々下げ基調だったところに相場が急回復したから。

マザーズ総合は反発。

2019年8月14日マザーズ総合指数画像

前日比+5.96円の868.80円。

マザーズも買い気配でしたが、やはり900円台には戻りませんか。

リード銘柄も不在、相場全体で買われないとなると、あとはもう下がるしかないのかもしれない。

チャートの200本線もずっと超えないまま、ズルズルズルズルと下げっぱなし。とにかく米中摩擦が長すぎて、個人投資家も積極的な売買が難しい状況となっているな。

本日の運用成績はこちらです。

2019年8月14日運用成績画像

債権市場は景気後退の様相

米国30年債利回りが過去最低の2.0738%と、2016年7月に記録した2.0882%を下回ったようですね。また同2年債と同10年債の利回りも2007年以来で長短が逆転するなど、景気後退シグナルがビッカビカに輝いています。

あまり30年債利回りが話題になることはありませんが、こうしてニュースになるということは非常に悪い予感がします。

末尾コーナー:投資家向け関連記事とサービス!

投資家向けに関連記事やサービスをまとめました。近年はフィンテック関連のサービスや情報が話題ですので、情報収集にお役立てください。

なお常識ですが、どのサービスを利用する場合においても、必ずリスク(値動きリスク、事業者リスク、信用リスク、地政学リスク、セキュリティリスク)を確認・承知し、自己責任の原則に基づいてご利用ください。

フィンテック関連

myTrade(マイトレード)
myTrade(マイトレード)は、証券口座から株式などの運用資産のデータを取り込むことによって、一括で管理することができるスマホアプリです。
インストールはこちら(OSは自動判別)

関連記事1:資産運用口座の一括管理アプリ「myTrade(マイトレード)」の使い方!保有株式の分析もスマホで楽々!
関連記事2:[2019年最新版]投資(総合・投資信託・株式・信用取引・IPO・FX)の勉強用おすすめ無料アプリ!
Funds(ファンズ)
funds投資記事用画像
Funds(ファンズ)は投資型のクラウドファンディングの一種で、貸付ファンドと呼ばれる利回りと運用期間が予定された金融商品に投資できるサービスです。上場企業やそのグループ企業などに1万円から投資できます。
詳しくは下記ボタンから公式ページへ

関連記事:Funds(ファンズ)のセミナーに参加!貸付ファンドについての質問と回答まとめ

FX関連

GMOクリック証券FXネオ
スリッページが発生しにくいFX会社で、主要通貨スプレッドは下記の通り。
  • ドル円(USD/JPY):0.3銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):0.5銭
  • ポンド円(GBP/JPY):1.0銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):0.7銭
詳しくは下記ボタンから公式ページへ

関連記事1:GMOクリック証券FXネオ取引レビュー!PCとスマホアプリの使い方と中級者にオススメの理由!
関連記事2:FXの平均足の基本・手法・見方・儲け方・考え方・戦略などまとめ

スポンサーリンク



スポンサーリンク