日経平均反落。日銀の金融政策決定会合はほぼ現状維持。

今日の運用成績

2022年1月18日日経平均画像

日経平均は反落ですな。

日銀の金融政策決定会合はほぼ現状維持。22年度の物価見通しを1.1%に上げたくらいでしょうか。

問題はロシアですね。ちょくちょく不穏な動きのニュースが出てくるので。

今日の日経平均とマザーズおよび新興市場の市況

日経平均は反落。

2022年1月18日日経平均画像

前日比-76.27円の28,257.25円で取引終了です。

大型株も売られ気味か。

どうもここ最近の日経平均は上昇しにくいというか、先々のリスク感は分かっちゃいるんだけど主体的に下げ切れない優柔不断さがあるなと。

金融緩和の状態が続いているだけにそういう値動きになりがちではあるものの、やはり株安材料にはしっかり反応してもらわないと。

特にロシアによるウクライナ侵攻はもしかすると今年のトピックになりかねないので。

マザーズ総合は反発。

2022年1月18日マザーズ総合指数画像

前日比+5.49円の837.55円。

新興市場も反発が弱いですな・・・。

やはり個人投資家は賢い。ちゃんと先々のリスク感を織り込んでるもの。コロナショックレベルに売りがキツイ状態ですから、決定打が出て600円台まで突っ込む可能性もあるな。

元々は何らかの決定打が出てこのくらいの下げになると踏んでいたんですが、何も出ないままこの価格ですからね・・・。

本日の運用成績はこちらです。

2022年1月18日運用成績画像

ロシアの動きが不穏

どうもロシアはウクライナ侵攻に向けて着々と準備を整えているようですね。関連ニュースがちらほら流れてきます。

先日のNATOとの協議も上手くいかなかった感じですし、準備が整い次第なのでしょうか。

コロナとアメリカの金利にばかり注目していると足元を掬われる下げに巻き込まれそうだ・・・。

末尾コーナー:投資家向け関連記事やサービス!

投資家向けに関連記事やサービスをまとめました。近年はフィンテック関連のサービスや情報が話題ですので、情報収集にお役立てください。

なお常識ですが、どのサービスを利用する場合においても、必ずリスク(値動きリスク、事業者リスク、信用リスク、地政学リスク、セキュリティリスク)を確認・承知し、自己責任の原則に基づいてご利用ください。

株式

海外ではロビンフットが話題ですが、日本では取引手数料無料の証券サービス「STREAM」があります。コミュニティ機能も備えて他の投資家とやり取りできるため、初心者でも投資仲間から情報が得られることも!
created by Rinker
国内では初の証券取引手数料無料で、コミュニティ機能(SNS)も備えた次世代のアプリ!
メイン口座では楽天証券を用いています。ポイントを使った積立投資など、ポイントに絡んだサービスが充実!
created by Rinker
使い勝手が良く、口座開設するとSPU対象になるので楽天スーパーポイントもガンガン貯まる!

FX

FXには下記の口座を利用しています。使い勝手や手法はもちろん、スプレッドによって合う合わないがありますから、自分の使いやすい口座を開設して利用すると良いでしょう。
created by Rinker
主要通貨スプレッド
  • ドル円(USD/JPY):0.3銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):1.1銭
  • ポンド円(GBP/JPY):1.0銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):1.2銭
created by Rinker
主要通貨スプレッド
  • ドル円(USD/JPY):0.3銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):0.5銭
  • ポンド円(GBP/JPY):1.0銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):0.7銭
created by Rinker
特許取得の自動売買「トラリピ」が有名。主要通貨スプレッドは変動制のため下記の通り。
  • ドル円(USD/JPY):3.0~4.0銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):4.0~5.0銭
  • ポンド円(GBP/JPY):6.0~7.0銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):5.0~6.0銭

ちなみに僕は、FXでは主に平均足を使う派です。ローソク足よりトレンドが掴みやすく、移動平均線と組み合わせてトレードしています。平均足についてはこちら→FXの平均足の基本・手法・見方・儲け方・考え方・戦略などまとめ

FXの実況ライブ配信Vlog

YouTubeにてFXの実況ライブ配信Vlogを平日21時40分頃から1時間ほど行っています(20時30分~1時間はゲーム実況ライブ配信をしています)。特別定額給付金の10万円をどこまで増やせるか、ドキュメンタリーをお楽しみください。
juntyanman - YouTube

~注目:M&Aマッチングサービス~

現在、景況感の悪化に伴い、M&Aマッチングサービスで事業やサービス、メディアを売却する動きが出ています。下記記事に詳細をまとめましたので、資金繰りの案としてご検討ください。

[2020年最新版]事業や資産の売却(資金繰り)に使えるM&A(事業継承)マッチングサービスまとめ