ドル円も伸び悩みで円安ムードは続かないか?

今日の運用成績

今日は日経平均が小幅高だったのですが、売買代金が薄いので大型の銘柄を動かしている投資家はツラいですね。

一方でドル円なんですが、なかなか思うように円安になっていかない感じ。一時は108.9円まで動いたのにねぇ。

夏枯れ相場を前に、既に相場から離れている人が出てきたあたり、いよいよ夏相場本番ですな。

今日の日経平均とマザーズおよび新興市場の市況

日経平均は小幅高。

2019年7月30日日経平均画像

前日比+92.51円の21,709.31円で取引終了です。

日経平均は売買が薄くなってきたのですが、前場の円安の雰囲気を踏まえると、買いは入ろうと思えば入るんだなというのが分かります。

といっても、円安を好感して上がるのなら、ドル円が110円になったら22,000円台を超えてくるのかというと微妙なところ。

少なくとも夏の間は難しいかな。上値の重さはまだあるし、どこでリスク感が出てくるか分からないし。

マザーズ総合は続伸。

2019年7月30日マザーズ総合指数画像

前日比+4.13円の903.28円。

マザーズが再び900円台になってきましたが、それにしてもこのチャートの200本線を全然超えてこないな。

もっとこう、新興市場強ぇぇぇ!的な上げ方が無いと難しいか。最近はそういう上げ方とんとお目にかかれてないんだが・・・。

本日の運用成績はこちらです。

2019年7月30日運用成績画像

ドル円円安を好感?

前場はドル円が円安方向に傾いていたんですが、それを好感して上げていたというのはどうも納得がいかない。

だって108円台後半ですからねぇ。少なくとも大企業の想定為替レートからはまだ円高でしょうし、リスク感が後退しているとはいえ、ちょっと楽観視している気がします。

そろそろまた米中の摩擦が出てくるかもしれないな。

末尾コーナー:投資家向け関連記事とサービス!

投資家向けに関連記事やサービスをまとめました。近年はフィンテック関連のサービスや情報が話題ですので、情報収集にお役立てください。

なお常識ですが、どのサービスを利用する場合においても、必ずリスク(値動きリスク、事業者リスク、信用リスク、地政学リスク、セキュリティリスク)を確認・承知し、自己責任の原則に基づいてご利用ください。

フィンテック関連

myTrade(マイトレード)
myTrade(マイトレード)は、証券口座から株式などの運用資産のデータを取り込むことによって、一括で管理することができるスマホアプリです。
インストールはこちら(OSは自動判別)

関連記事1:資産運用口座の一括管理アプリ「myTrade(マイトレード)」の使い方!保有株式の分析もスマホで楽々!
関連記事2:[2019年最新版]投資(総合・投資信託・株式・信用取引・IPO・FX)の勉強用おすすめ無料アプリ!
Funds(ファンズ)
funds投資記事用画像
Funds(ファンズ)は投資型のクラウドファンディングの一種で、貸付ファンドと呼ばれる利回りと運用期間が予定された金融商品に投資できるサービスです。上場企業やそのグループ企業などに1万円から投資できます。
詳しくは下記ボタンから公式ページへ

関連記事:Funds(ファンズ)のセミナーに参加!貸付ファンドについての質問と回答まとめ

FX関連

GMOクリック証券FXネオ
スリッページが発生しにくいFX会社で、主要通貨スプレッドは下記の通り。
  • ドル円(USD/JPY):0.3銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):0.5銭
  • ポンド円(GBP/JPY):1.0銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):0.7銭
詳しくは下記ボタンから公式ページへ

関連記事1:GMOクリック証券FXネオ取引レビュー!PCとスマホアプリの使い方と中級者にオススメの理由!
関連記事2:FXの平均足の基本・手法・見方・儲け方・考え方・戦略などまとめ

スポンサーリンク



スポンサーリンク