甚大な災害が起きたあとのデマだけじゃない!報道災害にも注意!

ブログ, ライフハック

みなさんどうも福島県!福島県民の@xi10jun1です。

今日は3.11ということもあって、あちこちで東日本大震災関連のセレモニーや企画が催されていますね。

さて災害に関して言うと、これからはデマやフェイクニュースのほか、報道被害にも注意しなければなりません。

報道災害とは?

甚大な災害が起きたあとのデマだけじゃない!報道災害にも注意!

よくリポーターが、芸能人や政治家にひっついて「あれはどうなんですか?」「これは違うんですか?」と質問攻めしているシーンがありますよね。

あれと似たようなことが被災地でも起こることがあります。

2016年に起きた熊本・大分での地震。あのときも強引な取材や非常識な対応が問題視されていました。

ああいった、被災者の事情・気持ちといったものを無視した行動をしてくる、マスコミによる報道災害もこれからは気をつけないといけません。

事実を軽視したニュースバリュー至上主義的報道災害

そして今なお福島を苦しめているのが、このニュースバリュー至上主義的報道災害になります。

つまりポジティブなニュースはほとんど報じられず、ネガティブな情報は優先的に報道するというもの。なぜそうするかというと、デマも含め、ネガティブな情報はニュースバリュー(報道価値)が高いからなんです。

人はポジティブなニュースをつまらないと思い、ネガティブなニュースを面白いあるいは注目に値するとい思う生き物です。

デマツイートは真実より6倍速く拡散される MITが12万以上の話題から分析 – ねとらぼ

【あの日から7年】福島のリアルを伝え続けたテレビマンは、なぜ村職員になったのか? 「東京マスコミ」との戦いの果てに…

「福島は危険だ」というフェイクが、7年経っても県民を傷つけている(林 智裕) | 現代ビジネス

まとめ:事実をこそ最優先に拡散しよう

マスコミの報道はどうしてもこうなりがちです。

我々は事実やポジティブなニュースにこそ、光を当てたいですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク


スポンサーリンク