スマホのツイッターアプリで自分のツイートがどのくらい見られているかわかるVIEW TWEET ACTIVITYが便利!

その他いろいろ, ブログ



スポンサーリンク


ついさっきですが、ツイッターのアップデートがあって、どうやら自分のツイートがどのくらい見られているかが分かるようになっている見たいです。

これは便利だな!

もくじ(青字の見出しからすぐ移動できます)

VIEW TWEET ACTIVITYの見方

まずツイートします。

Effectplus_20150203_222628

赤線の部分をタップします。

screenshotshare_20150203_222506

すると、このような画面が現れて、ツイートに対してどのくらいアクティビティがあったかが分かるようになっています。

これは面白いな!

しかも、これは随時数字が更新されていくようです。

総インプレッション数は見られた数、エンゲージメント数はツイートがタップされてみられた回数でしょうか?

しかも、ずっと見ていくと総インプレッション数がみるみる増えていくのがわかりますよΣ(・ω・ノ)ノ

スマホでもアナリティクスか?

ツイッターにはPC向けのツイッターアナリティクスがありますけど、スマホにもこうした分析機能みたいなものが出てくるとは思いませんでした。

これリツイートとかされても何か出てくるのかな?

判明次第追記していきたいなと思います。

追記:アクティビティそれぞれについてこんな表示がでます。

screenshotshare_20150203_230052

これはリツイートされた数とパーセンテージ、およびプロフィールページが見られた数とそのパーセンテージの表示ですね。何人が見たのかを%の表示で確認することができます。

screenshotshare_20150203_230131

こちらはリプライが来た数とパーセンテージですね。こんな表記なんだ!

screenshotshare_20150203_230202

今度はツイートしたリンクをクリックした人の人数とパーセンテージ、お気に入り登録した人の人数が出てきました。

これらの情報を見てて思ったのは、アイコンが分かりやすくてしかもオシャレなこと!これ見てて楽しいな。

そういえば、先日はDMに新機能「グループDM」が追加されたばかりでした。

グループDMではチャット系のメッセージングサービスのように、複数人で非公開のテキストメッセージや写真、ツイートをやりとりできます。

引用元:TwitterがグループDMを導入、招待可否のルールに注意。30秒動画にも対応 – Engadget Japanese

ツイッターも業績はあんまり良くないようですが、こうしたサービスをドンドン増やしていくのでしょうか?

ていうか、ツイッターコマースとか、スパム対策はどうしたんだろう?

スポンサーリンク

※このメッセージは1年以上前の記事(当記事最初の更新は2015年2月3日)に出るものです。現在とは異なる情報が掲載されている可能性がありますので、最新情報については別途お調べください。

スポンサーリンク



スポンサーリンク