Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/ytrsdijun/ytrsdijun.com/public_html/wp-includes/script-loader.php on line 2781

日本株上昇のシナリオがいまいち見えない。消費税の減税クラスのインパクトが欲しい。

今日の運用成績

みなさんどうも消費税減税。減税無くして株価上昇は無いと思う@xi10jun1です。

国内の物価高がさらに進む中、岸田政権は消費税もガソリン税も減税しない様子で本当に頭にきています。

これでは株価が上がらんよ。

可処分所得が増えないで何が投資か

岸田政権は貯蓄から投資へと謳っているようですが、まず投資の大前提は『余剰資金で行う(捨ててもいいお金でやる)こと』です。

物価高で国民の可処分所得が減っている現状を見て、一体どこにそんな『捨ててもいいお金』があるんでしょうか?

この政権にしてもそうですが、自民党はあまりにも財務省寄りが過ぎる。何か弱みでも握られてるとしか思えないくらい、閣僚にしても減税の声がほとんど聞こえてきません。

失われた30年という財政再建の道のりを今さら路線変更できないのでしょうね・・・。

国内から買われない株価は上がらない

アメリカの株価が何で上がるかって、当たり前のように国民が株を買っているからです。

物価が上がっても、給料も上がる。余ったお金は投資する。国民全体にこれが根付いてるから、アメリカの株価はずっと右肩上がりなんです。

翻って日本株は、国民よりも国内外の機関投資家が大きく動かしています。NISAで非課税枠を設けているとはいえ、国民が主体的に相場を作っているとは言い難い状況です。

これでは株価は上がりません。金融緩和で無理やり上げているだけの、歪な相場が出来上がりですよ。

まとめ:可処分所得を増やさない岸田政権はおかしい

国民が自ずと株を買う流れになれば、日経平均なんて5万円台だろうと10万円台だろうと行くんですよ。

それこそバブル期のように。

しかし今その勢いは失われ、岸田政権になっても消費税やガソリン税など国民生活に最も影響がある勢ほど減税ができず、その意欲を削ぐような有様。

これで貯蓄から投資へなんて無理に決まってるでしょう?お金が無いんだから。

~注目:M&Aマッチングサービス~

現在、景況感の悪化に伴い、M&Aマッチングサービスで事業やサービス、メディアを売却する動きが出ています。下記記事に詳細をまとめましたので、資金繰りの案としてご検討ください。

[2020年最新版]事業や資産の売却(資金繰り)に使えるM&A(事業継承)マッチングサービスまとめ