Delta-Fly Pharma反発。2,100円台で底打ち反転に期待。

今日の運用成績Delta-Fly Pharma株式会社

2020年9月30日日経平均画像

Delta-Fly Pharmaが反発してきましたな。

ただ下げ幅に対して反発が弱いのが気になる。カップウィズハンドルのチャートを形成できるか否かは来月の相場次第だな。

となると、当面は2,100円~2,200円付近でウロウロか。

今日の日経平均とマザーズおよび新興市場の市況

日経平均は大幅反落。

2020年9月30日日経平均画像

前日比-353.98円の23,185.12円で取引終了です。

大統領選を前にしたトランプ氏とバイデン氏の討論がアメリカで行われましたが、かなりの泥仕合だったようですね・・・。

こうした状況を受けてか、先行きの不透明感から日経平均は下げてしまったな。

それに現時点の支持率のポイントはややバイデン氏側優勢の状態となっていますし、今後のニュースでまた激しい上げ下げが起こりそうだ・・・。

マザーズ総合は小幅反落。

2020年9月30日マザーズ総合指数画像

前日比-0.70円の1,226.58円。

日経平均の下げに比べると、マザーズはほとんど影響を受けていないですね。

このまま1,200円を維持してほしいですが、かつての2013年ごろの相場と似た形になってきたので、1,300円をもし超えるようなら一旦ポジションを閉じたほうがいいかもしれないな。

ただここからもし下げるとしたら、何が原因で下げるだろうか・・・。

本日の運用成績はこちらです。

2020年9月30日運用成績画像

Delta-Fly Pharma反発

2020年9月30日Delta-Fly Pharma(デルタフライファーマ)画像

カップウィズハンドルの形になるまでは我慢の相場が続きそうだな。

IRが出れば飛びそうではありますが、既に既出の情報の続報では多少上がるだけで終わってしまうんですよね。

新たな好材料が待たれますが、そんな調子よくは出ないだろうから、待つしかないか・・・。

末尾コーナー:投資家向け関連記事やサービス!

投資家向けに関連記事やサービスをまとめました。近年はフィンテック関連のサービスや情報が話題ですので、情報収集にお役立てください。

なお常識ですが、どのサービスを利用する場合においても、必ずリスク(値動きリスク、事業者リスク、信用リスク、地政学リスク、セキュリティリスク)を確認・承知し、自己責任の原則に基づいてご利用ください。

株式

株式投資には主に楽天証券を用いています。ポイントを使った積立投資など、ポイントに絡んだサービスが充実!
created by Rinker
使い勝手が良く、口座開設するとSPU対象になるので楽天スーパーポイントもガンガン貯まる!

FX

FXには下記の口座を開設しています。使い勝手や手法はもちろん、スプレッドによって合う合わないがありますから、自分の使いやすい口座を開設して利用すると良いでしょう。
created by Rinker
主要通貨スプレッド
  • ドル円(USD/JPY):0.3銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):1.1銭
  • ポンド円(GBP/JPY):1.0銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):1.2銭
created by Rinker
主要通貨スプレッド
  • ドル円(USD/JPY):0.4銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):0.9銭
  • ポンド円(GBP/JPY):1.4銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):0.9銭
created by Rinker
主要通貨スプレッド
  • ドル円(USD/JPY):0.3銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):0.5銭
  • ポンド円(GBP/JPY):1.0銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):0.7銭
created by Rinker
主要通貨スプレッド
  • ドル円(USD/JPY):0.3銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):0.5銭
  • ポンド円(GBP/JPY):1.0銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):0.7銭
created by Rinker
特許取得の自動売買「トラリピ」が有名。主要通貨スプレッドは変動制のため下記の通り。
  • ドル円(USD/JPY):3.0~4.0銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):4.0~5.0銭
  • ポンド円(GBP/JPY):6.0~7.0銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):5.0~6.0銭

ちなみに僕は、FXでは主に平均足を使う派です。ローソク足よりトレンドが掴みやすく、移動平均線と組み合わせてトレードしています。平均足についてはこちら→FXの平均足の基本・手法・見方・儲け方・考え方・戦略などまとめ

~注目:M&Aマッチングサービス~

現在、景況感の悪化に伴い、M&Aマッチングサービスで事業やサービス、メディアを売却する動きが出ています。下記記事に詳細をまとめましたので、資金繰りの案としてご検討ください。

[2020年最新版]事業や資産の売却(資金繰り)に使えるM&A(事業継承)マッチングサービスまとめ