日経平均反落。24,000を前に上値の重さが目立つ展開に。

今日の運用成績

2020年2月7日日経平均画像

日経平均が反落ですね。ダウは続伸だったのですが、昨日上がり過ぎたんですかね。

あとは24,000円あたりの売り。いつもこのへんで上値が重くなるので、ここを突破するための材料が待たれますな。

と言っても、そんな好材料があるはずもなく・・・。

今日の日経平均とマザーズおよび新興市場の市況

日経平均は反落。

2020年2月7日日経平均画像

前日比-45.61円の23,827.98円で取引終了です。

昨日上がり過ぎてからの利益確定売りでしょうけど、下げ幅は小さいのでね。ここで一旦落ち着いてから、もう一段の上昇もあるのかなと。

とはいえ、ダウの高値更新以外にまともな材料がないんですよ。新型コロナウィルスやはもちろん、内閣府が7日発表した2019年12月の景気動向指数による基調判断なんて5カ月連続の「悪化」なので、国内景気は悪化しているわけです。

『ダウさえ上げればそれでよし』なんてイナゴ相場を日経平均がやってるなんて、恥ずかしいったらありゃしない。

マザーズ総合は微減。

2020年2月7日マザーズ総合指数画像

前日比-1.12円の849.89円。

マザーズがこんな状態ではありますが、おそらくこれが正常な相場なんですよ。たぶん日経平均も本来なら21,000円くらいまでは下がっていてもおかしくないかと。

仕込み続けるしかないのかもしれないけど、景気悪化の指標が続いている状態は無視できないので、今後ここからドカッと上げて復活をとげるかというと微妙かな。少なくとも現状は難しい。

本日の運用成績はこちらです。

2020年2月7日運用成績画像

歪み切った日経平均

とにかくダウ。ダウだけで上下しているので、金余りの資金がただただ入ってきているのだろうか。

それにしたって国内景気の指標無視して下値が固められるのか?という疑問符もあるし、方向感という意味では迷子になっているのが正直なところ。

買うにも買えないし、売るにも売れない相場でどうやって儲ければいいのやら・・・。

末尾コーナー:投資家向け関連記事やサービス!

投資家向けに関連記事やサービスをまとめました。近年はフィンテック関連のサービスや情報が話題ですので、情報収集にお役立てください。

なお常識ですが、どのサービスを利用する場合においても、必ずリスク(値動きリスク、事業者リスク、信用リスク、地政学リスク、セキュリティリスク)を確認・承知し、自己責任の原則に基づいてご利用ください。

株式

株式投資には主に楽天証券を用いています。ポイントを使った積立投資など、ポイントに絡んだサービスが充実!
created by Rinker
使い勝手が良く、口座開設するとSPU対象になるので楽天スーパーポイントもガンガン貯まる!

FX

FXには下記の口座を開設しています。使い勝手や手法はもちろん、スプレッドによって合う合わないがありますから、自分の使いやすい口座を開設して利用すると良いでしょう。
created by Rinker
主要通貨スプレッド
  • ドル円(USD/JPY):0.3銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):1.1銭
  • ポンド円(GBP/JPY):1.0銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):1.2銭
created by Rinker
主要通貨スプレッド
  • ドル円(USD/JPY):0.4銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):0.9銭
  • ポンド円(GBP/JPY):1.4銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):0.9銭
created by Rinker
主要通貨スプレッド
  • ドル円(USD/JPY):0.3銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):0.5銭
  • ポンド円(GBP/JPY):1.0銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):0.7銭
created by Rinker
主要通貨スプレッド
  • ドル円(USD/JPY):0.3銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):0.5銭
  • ポンド円(GBP/JPY):1.0銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):0.7銭
created by Rinker
特許取得の自動売買「トラリピ」が有名。主要通貨スプレッドは変動制のため下記の通り。
  • ドル円(USD/JPY):3.0~4.0銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):4.0~5.0銭
  • ポンド円(GBP/JPY):6.0~7.0銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):5.0~6.0銭

ちなみに僕は、FXでは主に平均足を使う派です。ローソク足よりトレンドが掴みやすく、移動平均線と組み合わせてトレードしています。平均足についてはこちら→FXの平均足の基本・手法・見方・儲け方・考え方・戦略などまとめ

~注目:M&Aマッチングサービス~

現在、景況感の悪化に伴い、M&Aマッチングサービスで事業やサービス、メディアを売却する動きが出ています。下記記事に詳細をまとめましたので、資金繰りの案としてご検討ください。

[2020年最新版]事業や資産の売却(資金繰り)に使えるM&A(事業継承)マッチングサービスまとめ