One Tap BUY(ワンタップバイ)で株を売るのに失敗?売却時の注意点とは?

みなさんどうもOne Tap BUY(ワンタップバイ)!1,000円で大企業の株主になれてウキウキの@xi10jun1です。

先日口座開設した、1,000円から株を買えるサービスOne Tap BUY(ワンタップバイ)。

購入した株からさっそく含み益が出たので、「わーいわーい!」と売ってみたのですが、思わぬ落とし穴が・・・。

※まだ口座をお持ちでない方は、口座開設申し込みページへ→ One Tap BUY

One Tap BUY(ワンタップバイ)で含み益が出たぞ!

現在One Tap BUY(ワンタップバイ)で提供されている株30銘柄を、1,000円ずつ一気に購入しまして、一部にさっそく含み益と含み損が出てきました。

そこで一番含み益が出ていた、ソニーを売却したんです。

ところが。

あれ?1,000円?

含み益も出てるはずなのに、どういうこと?

実はこれ、売却時にスロットルを回して1,000円分、つまり元本分を売却しただけで、含み益の分まで売れてなかったのです。

その様子を動画にしてみましたので、こちらもご覧ください。

僕がやりたかったのは、元本+利益(1,000円+13円)の売却でした。ところが実際には、回したスロットルの金額(1,000円)でしか売れなかったので、含み益(13円)がそのまま残ってしまったのです。

なのでOne Tap BUY(ワンタップバイ)売るときは、

  • 「全額売る」(元本+含み益)か
  • 「利益分売る」(含み益)か

を決めて、金額ベースで考えないといけないわけですね。逆に言えば、含み益が出たところでその分売却して、利益を積んでいくこともできるわけだ。

これいつも単元で買っている人ほど、間違えやすいかもしれないので注意しましょう。

含み益分も売れるのでご安心を

じゃあ1,000円分だけ売ったってことは、残りの含み益分の13円はどうすればいいの?

大丈夫です。そのまま売れます。

まるでビットコインみたいな、極小単位の株数で売れましたぞ!これ凄いな!

売った後は、PF(ポートフォリオ)や取引履歴を確認して売却益を確認しましょう。

はい、これでOKです。

まとめ:One Tap BUY(ワンタップバイ)で株を売るときは金額ベースで考えよう

株は普通1単元ごとの売買なので、One Tap BUY(ワンタップバイ)特有の金額ベースの仕様に慣れないといけませんね。

なのでこの仕様のリスクもあるのかな?間違って注文して気が付かず、後で見たら損しちゃってた、なんてことがあるかもしれません。

ただ13円の含み益分でも売れるのは、なんだか不思議な気分です。それこそ仮想通貨みたいな単位の株数で売れるので、小額投資では嬉しい仕様です。

逆にOne Tap BUY(ワンタップバイ)から普通の株式の売買にいったら、変な感覚になりますよ・・・。

というわけで、One Tap BUY(ワンタップバイ)について、口座開設から株の購入方法まで記事にまとめていますので、こちらも合わせてご覧ください。

One Tup BUY(ワンタップバイ)の口座開設から購入方法まで徹底解説!1000円から株主になろう!

口座開設申し込みページはこちら: One Tap BUY

スポンサーリンク

いつも「読んだらシェア」を心掛けてくださりありがとうございます!

※はてブを使うとコメントと同時に複数のSNSにシェアできて楽ですよ!

スポンサーリンク