夏の名曲にはもう飽きたよ!でしたらRasmus Faberという手がありますがいかがでしょう?


スポンサーリンク

2018年5月27日音楽

どうも!夏になると頭が働かない@xi10jun1です。

「夏といえばこの曲!」とばかりに、夏の名曲がテレビやCMでもよく聴かれるようになりましたなぁ(;’∀’)

でも、「正直もう飽きちゃったよなぁ・・・。名曲だからって毎年毎年同じ曲ばっかり聴かされたらウンザリ(;´・ω・)もっと違うの聴きたい!」

でしたら、Rasmus Faberなんていかがでしょう?

Rasmus Faberってどんなアーティスト?

Rasmus Faberはスウェーデンで活躍するミュージシャン・DJ・音楽プロデューサー。

作る曲はハウス系が中心。女性の歌手を用いることが多く、日本で言うところの中田ヤスタカさんのようなアーティスト。

とても親日家で、日本の歌手や後で出てくるアニメーションとのコラボで有名なんですよー。

その証拠に、彼はスウェーデンでのツイッターアカウント(@Rasmus_Faber)の他、日本語でのアカウント(@rasmusfaber_jp)も開設していて、ファンとのやり取りをしています。

夏に聴きたいRasmus Faberの曲

さて、ここまで見てきたので、早速彼の曲をいくつか聴いてみましょう!

夏に聴きたい曲ということで、彼の作品は勿論、リミックス作品も一緒くたに紹介したいと思います!

Rasmus Faber-Ever After


夏と言えばやっぱり、綺麗なお姉さん!

リズムといいお姉さんといい、出だしからワクワク感をかもし出してきますねー!

これ、海に出かけるときの車の中とかで聴くのがいいかもしれません。

収録CD

Indian Summer-Rasmus Faber feat. Frida Sundemo


続いては、彼の曲「Indian Summer」!

いやー、セツナイ!

夏の甘酸っぱ~い思い出を詰め込んだ、学園アニメのエンディングテーマっぽい曲ですねー。

収録CD:

ちなみに、歌っているのは、同じくスウェーデンのシンガーソングライター「Frida Sundemo」。

この人はRasmus Faberの曲にしょっちゅう出てくるのですが、彼がプロデュースしているみたいですね。

透明感のある歌声がとっても沁みるのです(∩´∀`)∩

こちらは、日本のアニメーションとコラボしたときの作品。


こちらは自身の作品。

歌声が綺麗すぎ!

収録CD:

Mambana-Felicidad (Rasmus Faber remix)

こちらはリミックス作品。

公式動画が無いので、こちらは検索してください。

ズンチャカ♪ズンチャカ♪フェリィシダー♪

ラテンのリズムと覇気のある女性の声のマッチング。

いやー夏だなぁ!

収録CD:

BATUCADA-Rasmus Faber Remix-

リミックスですが、かなりパンチの効いた夏ソング!

こちらも公式動画が無いので、お手数ですが検索してください。

ちなみに、原曲がこちら。

原曲の方がちょっとテンポが遅いかも(;^ω^)

収録CD:

まとめ:Rasmus Faber紹介しきれない!

もっと紹介したい曲がたくさんあるのですが、あんまり長いのもどうかと思うので、ここまでにします。

夏の名曲というと、TUBEやサザン、山下達郎さんなどなど、定番のソングがたくさんあります。

でも、毎年同じ曲ばっかりじゃさすがに名曲でも飽きてしまいますよ(;^ω^)

なので、ここは思い切って、海外のアーティストの曲を取り入れてみるのも一手かもしれません。

ではでは(^^)/

スポンサーリンク

※このメッセージは1年以上前の記事(当記事最初の更新は2015年7月8日)に出るものです。現在とは異なる情報が掲載されている可能性がありますので、最新情報については別途お調べください。

音楽

Posted by jun

スポンサーリンク


スポンサーリンク