クロス円再び円安に。オリンピックは開催ありきだが為替相場はまだ崩れないか。

今日の運用成績

2021年5月3日ドル円画像

クロス円がまた円安になってきたか。

どうもオリンピック開催は中止にできないようで、医療関係者のボランティア募集などが物議の様子。

そうなるとまた景気回復遅れから売りが出るとみていますが、為替相場はあまり反応しないのだろうか?

ドル円の市況

2021年5月3日ドル円画像

週明けは午後から円安に転じたドル円ですが、クロス円全体で売りが出た様子。

オリンピック開催強行の場合は感染拡大からの景気回復遅れ懸念で売り、つまり為替の場合は円高になるかとは思うんですが・・・。

逆にもしこれが突然中止や延期の発表が出てきた場合、サプライズとして円安になる可能性があります。再び1年延期となれば、ワクチン接種が進み景気回復が見込まれますからね。

とはいえ、日に日に景気回復が見込まれるアメリカですので、金利上昇やテーパリングの懸念からドルが再び買われることもあるでしょう。

日本は世界的に見ればコロナでも安全な国

人口だけで見たら日本は1億人を抱える世界第11位の国。

島国ということもあるのでしょうけど、億単位の人口でワクチンが接種が遅れている国の中では、新型コロナウイルスの感染者が少ないのが特徴です。

国内では大騒ぎですが、海外から見れば『ワクチン接種が遅れている国なのに新型コロナウイルスの感染者が未だに抑えられている』とも見て取れるわけで、オリンピック開催が既定路線になるのもうなづけます。

これが1日40万人の感染者が出ているインドで開催を強行するとすれば話は別ですけど。

もちろん医療資源は限られていますし日本は日本で大変なわけですが、オリンピックの開催路線は変えられないでしょうね・・・。

~注目:M&Aマッチングサービス~

現在、景況感の悪化に伴い、M&Aマッチングサービスで事業やサービス、メディアを売却する動きが出ています。下記記事に詳細をまとめましたので、資金繰りの案としてご検討ください。

[2020年最新版]事業や資産の売却(資金繰り)に使えるM&A(事業継承)マッチングサービスまとめ