プレシジョン・システム・サイエンス微益で利確。デイトレ銘柄も限られてきた。

今日の運用成績プレシジョン・システム・サイエンス

2020年7月15日日経平均画像

今日はプレシジョン・システム・サイエンスのデイトレ予定でしたが、あっという間に微益撤退になってしまった。

でも引け値を見ると前日比-124円だったので、微益撤退で助かった・・・。

しかしデイトレできる銘柄も段々限られてきたな。

今日の日経平均とマザーズおよび新興市場の市況

日経平均は反発。

2020年7月15日日経平均画像

前日比+358.49円の22,945.50円で取引終了です。

なんか無理やり上げている感があって、買い方もジリジリとしてましたね。

確かにアメリカの株高が影響していますが、10年国債利回りは1%以下の0.6台、ドル円は107前後をウロウロ、金も買われているということで、なんともめちゃくちゃな相場となっています。セオリー無視のインチキ相場、ここに極まれり。

大体、リスク資産と安全資産が同時に買われて上がっているわけでしょ?こんな相場初めてとしか言いようがないな・・・。

マザーズ総合は反発。

2020年7月15日マザーズ総合指数画像

前日比+19.71円の1,017.12円。

マザーズも日経平均に引っ張られて上がってますけど、そのうち決算発表でリード銘柄が軒並み売りだされてドカッと下げるだろうな・・・。

あとは新型コロナウイルスのワクチン開発の失敗や治験の不良などでしょうか。とにかく今は世界的にワクチン期待で上がっているところがあるので、ちょっとでも悪い情報が出たら途端に崩壊しかねないな。

本日の運用成績はこちらです。

2020年7月15日運用成績画像

プレシジョン・システム・サイエンスはデイトレで取りたい

でもプレシジョン・システム・サイエンスのようなバイオ銘柄で取りたいですね。

持ち越しが怖いのでデイトレしかできませんが、こうなってくると反発で2,3万円は取れるはず。

見極めが難しいですが、資産を回復させねば。

末尾コーナー:投資家向け関連記事やサービス!

投資家向けに関連記事やサービスをまとめました。近年はフィンテック関連のサービスや情報が話題ですので、情報収集にお役立てください。

なお常識ですが、どのサービスを利用する場合においても、必ずリスク(値動きリスク、事業者リスク、信用リスク、地政学リスク、セキュリティリスク)を確認・承知し、自己責任の原則に基づいてご利用ください。

株式

株式投資には主に楽天証券を用いています。ポイントを使った積立投資など、ポイントに絡んだサービスが充実!
created by Rinker
使い勝手が良く、口座開設するとSPU対象になるので楽天スーパーポイントもガンガン貯まる!

FX

FXには下記の口座を開設しています。使い勝手や手法はもちろん、スプレッドによって合う合わないがありますから、自分の使いやすい口座を開設して利用すると良いでしょう。
created by Rinker
主要通貨スプレッド
  • ドル円(USD/JPY):0.3銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):1.1銭
  • ポンド円(GBP/JPY):1.0銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):1.2銭
created by Rinker
主要通貨スプレッド
  • ドル円(USD/JPY):0.4銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):0.9銭
  • ポンド円(GBP/JPY):1.4銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):0.9銭
created by Rinker
主要通貨スプレッド
  • ドル円(USD/JPY):0.3銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):0.5銭
  • ポンド円(GBP/JPY):1.0銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):0.7銭
created by Rinker
主要通貨スプレッド
  • ドル円(USD/JPY):0.3銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):0.5銭
  • ポンド円(GBP/JPY):1.0銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):0.7銭
created by Rinker
特許取得の自動売買「トラリピ」が有名。主要通貨スプレッドは変動制のため下記の通り。
  • ドル円(USD/JPY):3.0~4.0銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):4.0~5.0銭
  • ポンド円(GBP/JPY):6.0~7.0銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):5.0~6.0銭

ちなみに僕は、FXでは主に平均足を使う派です。ローソク足よりトレンドが掴みやすく、移動平均線と組み合わせてトレードしています。平均足についてはこちら→FXの平均足の基本・手法・見方・儲け方・考え方・戦略などまとめ

~注目:M&Aマッチングサービス~

現在、景況感の悪化に伴い、M&Aマッチングサービスで事業やサービス、メディアを売却する動きが出ています。下記記事に詳細をまとめましたので、資金繰りの案としてご検討ください。

[2020年最新版]事業や資産の売却(資金繰り)に使えるM&A(事業継承)マッチングサービスまとめ