日経平均反発もマザーズやや強めの下げ。米中のリスク感が右往左往。

今日の運用成績

2019年12月5日日経平均画像

今日は日経平均が上げていますが、上下に振れ過ぎですな・・・。

米中通商協議が上手くいっているとトランプ大統領が言えば上がり、中国がアメリカの人権法案に報復すると反発して下がり、そのあまりのスピード感に投資家たちは疲れ切っている様子。

ただただ明確な決定打の無い情報の応酬、そろそろ終わって欲しい・・・。

今日の日経平均とマザーズおよび新興市場の市況

日経平均は反発。

2019年12月5日日経平均画像

前日比+164.86円の23,300.09円で取引終了です。

中国がアメリカのウイグル人権法案について反発したことを受けて下げの様相だったはずが、トランプ大統領が『中国との交渉は順調だ』などと発言してあっという間に元通り。

なんですかねぇ、この実体経済をまるで反映せず、ただただ米中の行方次第で動く相場は・・・。そしてこれがずっと続いているわけですから、市場が歪んでいると言わざるを得ないな。

マザーズ総合は続落。

2019年12月5日マザーズ総合指数画像

前日比-10.29円の902.37円。

一方で、マザーズは大きめの売りが出ていますね。大口の投資家の売りが出たのか、利益確定売りが相次いだ様子。

ここで900円を割るようなら押し目買いも検討したいところですが、米中のリスクでもう一段下げとか食らいたくないしな。

本日の運用成績はこちらです。

2019年12月5日運用成績画像

米中の先行きだけでハイスピード上下する相場にうんざり

正直、もううんざりですよこの相場。

米中の行方次第でいくらでも上げ下げしますからね。それだけ注目度が高いんでしょうけれど、それにしたって迷惑な話です。

ただそうも言っていられない。この米中摩擦で中国経済への懸念もあるわけですし、日本の企業にだって影響が出ていますからね。

しかし、どっちに転ぶにしたって決定打がなぁ・・・。

末尾コーナー:投資家向け関連記事やサービス!

投資家向けに関連記事やサービスをまとめました。近年はフィンテック関連のサービスや情報が話題ですので、情報収集にお役立てください。

なお常識ですが、どのサービスを利用する場合においても、必ずリスク(値動きリスク、事業者リスク、信用リスク、地政学リスク、セキュリティリスク)を確認・承知し、自己責任の原則に基づいてご利用ください。

株式

株式投資には主に楽天証券を用いています。ポイントを使った積立投資など、ポイントに絡んだサービスが充実!
created by Rinker
使い勝手が良く、口座開設するとSPU対象になるので楽天スーパーポイントもガンガン貯まる!

FX

FXには下記の口座を開設しています。使い勝手や手法はもちろん、スプレッドによって合う合わないがありますから、自分の使いやすい口座を開設して利用すると良いでしょう。
created by Rinker
主要通貨スプレッド
  • ドル円(USD/JPY):0.3銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):1.1銭
  • ポンド円(GBP/JPY):1.0銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):1.2銭
created by Rinker
主要通貨スプレッド
  • ドル円(USD/JPY):0.4銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):0.9銭
  • ポンド円(GBP/JPY):1.4銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):0.9銭
created by Rinker
主要通貨スプレッド
  • ドル円(USD/JPY):0.3銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):0.5銭
  • ポンド円(GBP/JPY):1.0銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):0.7銭
created by Rinker
主要通貨スプレッド
  • ドル円(USD/JPY):0.3銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):0.5銭
  • ポンド円(GBP/JPY):1.0銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):0.7銭
created by Rinker
特許取得の自動売買「トラリピ」が有名。主要通貨スプレッドは変動制のため下記の通り。
  • ドル円(USD/JPY):3.0~4.0銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):4.0~5.0銭
  • ポンド円(GBP/JPY):6.0~7.0銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):5.0~6.0銭

ちなみに僕は、FXでは主に平均足を使う派です。ローソク足よりトレンドが掴みやすく、移動平均線と組み合わせてトレードしています。平均足についてはこちら→FXの平均足の基本・手法・見方・儲け方・考え方・戦略などまとめ

~注目:M&Aマッチングサービス~

現在、景況感の悪化に伴い、M&Aマッチングサービスで事業やサービス、メディアを売却する動きが出ています。下記記事に詳細をまとめましたので、資金繰りの案としてご検討ください。

[2020年最新版]事業や資産の売却(資金繰り)に使えるM&A(事業継承)マッチングサービスまとめ