2015年3月17日の運用成績は、日銀と同じく現状維持で・・・。FOMC~!

2015年3月17日今日の運用成績

スポンサーリンク

今日は日銀の金融政策決定会合があったわけですが、予想通りの現状維持。

というわけで、僕の銘柄も現状維持です(´・ω・`)

マザーズ総合は、もはや安定の続落。前日比-4.66円の858.15円。

日経平均は爆上げ!前日比+190.94円の19,437.00円で取引終了です。

本日の運用成績はこちらです。

screenshotshare_20150317_220623

運用成績:201,521円

ダブルインバはこんがり焼けてきました

ダブルインバが順調に焼かれております(´・ω・`)

このまま日経平均が20,000円に素直に上がっていくとは思えないのです。

どこかで調整が入ってくるはずです。

といっても、一時的なものでしょうけど。

昨年、日経平均が2,000円下がって大騒ぎになりましたが、結局は上昇トレンド維持のまま今回の19,000円を超えてきているわけですから。

ただ、そのきっかけが、後述するFOMCなのかどうかは分からないですが。

フィスコとりそなが伸び悩み

フィスコとりそなが思った以上に伸びてこない。

今週中は様子見ですが、フィスコが400円台に素直に乗せてこないのがもどかしいところ。

日足で見たとき、大体3週間周期で上下を繰り返していて、徐々に上がってきています。ダブルボトムを形成したのち、先週の高値408円を超えてくるあたりから一気に伸びていく・・・はず。

りそなはもう少し時間がかかるかな?

FOMCは「忍耐強く」の文言削除なるか

今回のFOMCでは、「忍耐強く」という表現が削除されるかどうかが焦点となっています。

ここ最近のアメリカの指標は、雇用統計が良い数字でしたが、それ以外があまりパッとしない数字でした。

えっと、もし「忍耐強く」という表現が削除された場合

6月利上げ?→ドル買い円売り・米株安→日経暴落?

となるのでしょうか?

ドル円はちょい利確

今日は増えたり減ったりしたFX。

ドル円がFOMC前でレンジ相場なので、ちょっと儲けにくかったです・・・。

運用成績:30,353円

前日比:+390円

末尾コーナー:投資家向け関連記事とサービス!

投資家向けに関連記事やサービスをまとめました。近年はフィンテック関連のサービスや情報が話題ですので、情報収集にお役立てください。

なお常識ですが、どのサービスを利用する場合においても、必ずリスク(値動きリスク、事業者リスク、信用リスク、地政学リスク、セキュリティリスク)を確認・承知し、自己責任の原則に基づいてご利用ください。

フィンテック関連

myTrade(マイトレード)
myTrade(マイトレード)は、証券口座から株式などの運用資産のデータを取り込むことによって、一括で管理することができるスマホアプリです。
インストールはこちら(OSは自動判別)

関連記事1:資産運用口座の一括管理アプリ「myTrade(マイトレード)」の使い方!保有株式の分析もスマホで楽々!
関連記事2:[2019年最新版]投資(総合・投資信託・株式・信用取引・IPO・FX)の勉強用おすすめ無料アプリ!
Funds(ファンズ)
funds投資記事用画像
Funds(ファンズ)は投資型のクラウドファンディングの一種で、貸付ファンドと呼ばれる利回りと運用期間が予定された金融商品に投資できるサービスです。上場企業やそのグループ企業などに1万円から投資できます。
詳しくは下記ボタンから公式ページへ

関連記事:Funds(ファンズ)のセミナーに参加!貸付ファンドについての質問と回答まとめ

FX関連

GMOクリック証券FXネオ
スリッページが発生しにくいFX会社で、主要通貨スプレッドは下記の通り。
  • ドル円(USD/JPY):0.3銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):0.5銭
  • ポンド円(GBP/JPY):1.0銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):0.7銭
詳しくは下記ボタンから公式ページへ

関連記事1:GMOクリック証券FXネオ取引レビュー!PCとスマホアプリの使い方と中級者にオススメの理由!
関連記事2:FXの平均足の基本・手法・見方・儲け方・考え方・戦略などまとめ
Amazonタイムセール祭り開催中!
Amazonタイムセール祭りが、2019年4月20日(土)9:00~4月23日(火)23:59開催!お得な買い物は今のうち! ※Amazonには法人・個人事業主向けのアカウント「Amazonビジネス」もありますよ!詳しくは→Amazonビジネスはこちら

スポンサーリンク

※このメッセージは1年以上前の記事(当記事最初の更新は2015年3月17日)に出るものです。最新の情報と異なる可能性がありますので、公式サイトへアクセスするか別途お調べください。


スポンサーリンク