元就職浪人(既卒者)の僕が使いたかった就職支援サイト・サービス一覧

スポンサーリンク

このページは、就職浪人予備軍の後輩たちに就活失敗した僕が伝えておきたいこと4つを見ている就職浪人(既卒者)またはその予備軍的な人のために、こんな就職支援サービスがありますよってお伝えするためのページです。

もくじ

  1. 就職浪人でも既卒でも第二新卒でもフリーターでも就職のチャンスはまだまだある!
  2. 地元での就職を希望される方はハローワークにも行った方がいい!
  3. 既卒(就職浪人又は予備軍)・フリーター・第二新卒対象の就職支援サイトまとめ

就職浪人でも既卒でも第二新卒でもフリーターでも就職のチャンスはまだまだある!

チャンスはまだまだありますから、心配しなくていいですよ。それに僕が就活していたころ(2012~2013/3)より、はるかに就職環境はいいはず。売り手市場なんて言われているくらいですし。

企業も焦ってるはず。オワハラなんていって、内定を出した学生を囲い込もうとしているくらいだし。

(-ω-).。o(なんで僕のときじゃないんだよ!)

ただ投資をやっている人間として、1つだけ警告しておきます。

株価は景気の先行指数と呼ばれています。失われた20年、リーマンショック、東日本大震災など、とにかく日本の就職活動は景気の善し悪しに左右されます。大きな金融危機や不景気が訪れる前に、就職しておいたほうがいいです。

地元での就職を希望される方はハローワークにも行った方がいい!

で、まず勤務地の希望として「地元で就職したい」と考えている人もいるでしょう。僕がそうだったからね。

そんな方は、まず地元のハローワークに向かいましょう!

ハローワークでは、新卒者や既卒者への就職支援サービスを提供していますし、相談も気軽にできます。僕の就職浪人の記事にもありましたが、求職者向けのキャンペーンとかを紹介されることも考えられます。実際、そっちの方が手っ取り早く就職できるかもしれない。

そういう地元の情報を提供しているサイトもいくつかあったので、紹介しておきます。

※随時追加しておきます。

それから2016年3月より、「若者雇用促進法」が改正されました。

内容は、「過去3年間の採用者数と離職者数」「残業時間」「有給休暇の実績」といった情報について、新卒者やハローワークなどから要求があった場合、企業は開示しなければならないとされています。

これまで求人詐欺などが問題視されてきましたが、徐々にそういった求人は減っていくでしょう。さらに、後述する就職支援サービスでも、そういった求人を取り扱わないようになっています。

既卒(就職浪人又は予備軍)・フリーター・第二新卒対象の就職支援サイトまとめ

下記表にて、既卒でも就職支援してくれるサービスや、フリーターなどでも求人募集の情報を提供しているサービスなんかをまとめておきました。

こうしたサイトは、就職に向けたサポート体制が充実しています。

例えば。

  • 非公開求人(既卒向け)を取り扱っていることがある。
  • ブラック企業求人の排除に取り組んでいる。
  • 既卒を専門とした履歴書の書き方や面接方法の適切なアドバイスを行っている。

特に新卒の就活と既卒の就活ではやり方が少し変わってきますので、専門のサイトでチェックしたほうがいいです。僕もどうしていいか分からなかったですし、既卒ってだけでも不利になりやすいので1人で動くのはリスクが高いです。

なお、各サイトで対象となるステータス(就職浪人、既卒、第二新卒、フリーター)が異なりますので、公式サイトで必ず確認してからご利用ください。

※随時追加しておきます。

スポンサーリンク

いつもシェアありがとうございます!(はてブだと嬉しいな)
記事が見つからないときは検索しよう!