マザーズ指数さらに下落。下降トレンド継続でさらに難しい相場に。

今日の運用成績

2022年4月22日日経平均画像

マザーズ指数がまたズルっと下げましたなぁ。

こちらとしても想定外というか、てっきりチャートは先の上昇でV字回復の形になると踏んでいたんですが・・・。

こうなると個人勢はかなり苦戦を強いられるでしょうね。

今日の日経平均とマザーズおよび新興市場の市況

日経平均は反落。

2022年4月22日日経平均画像

前日比-447.80円の27,105.26円で取引終了です。

円安けん制のニュースが出てきたことで、それを背景にした買いが縮小して売り出された格好ですね。

ウクライナ情勢も日に日に悪化している状態ではありますが、ロシア側も攻めあぐねるニュースが出るなど、本来の目的であった首都キーウの陥落には至らない様子なだけに若干の希望も出て来ているのだろうか。

いずれにしても決定打になりうる化学兵器や核が出てきて株価がさらに下がる可能性以外は、大きな売りにはならなそうだが果たして。

マザーズ総合は続落。

2022年4月22日マザーズ総合指数画像

前日比-19.32円の703.01円で取引終了です。

マザーズは軟調ムード継続ですね。

メルカリが断続的に売られているので、全体が引っ張られている感じです。リード銘柄がこういうところで文字通り足を引っ張る形になってるな。

これが600円台に入ってくると危険度が増しますね。

本日の運用成績はこちらです。

2022年4月22日運用成績画像

新興は買えないか

この状態では新興市場だけ2番底を試す可能性も考慮しないとな。

チャートの形的にはV字回復の様相だったんですが、ここでこうした崩れ方をしてくるとなると買うに買えないよ。

ウクライナ情勢が落ち着けば多少は希望もあるんですが・・・。

末尾コーナー:投資家向け関連記事やサービス!

投資家向けに関連記事やサービスをまとめました。近年はフィンテック関連のサービスや情報が話題ですので、情報収集にお役立てください。

なお常識ですが、どのサービスを利用する場合においても、必ずリスク(値動きリスク、事業者リスク、信用リスク、地政学リスク、セキュリティリスク)を確認・承知し、自己責任の原則に基づいてご利用ください。

株式

海外ではロビンフットが話題ですが、日本では取引手数料無料の証券サービス「STREAM」があります。コミュニティ機能も備えて他の投資家とやり取りできるため、初心者でも投資仲間から情報が得られることも!
created by Rinker
国内では初の証券取引手数料無料で、コミュニティ機能(SNS)も備えた次世代のアプリ!
メイン口座では楽天証券を用いています。ポイントを使った積立投資など、ポイントに絡んだサービスが充実!
created by Rinker
使い勝手が良く、口座開設するとSPU対象になるので楽天スーパーポイントもガンガン貯まる!

FX

FXには下記の口座を利用しています。使い勝手や手法はもちろん、スプレッドによって合う合わないがありますから、自分の使いやすい口座を開設して利用すると良いでしょう。
created by Rinker
主要通貨スプレッド
  • ドル円(USD/JPY):0.3銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):1.1銭
  • ポンド円(GBP/JPY):1.0銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):1.2銭
created by Rinker
主要通貨スプレッド
  • ドル円(USD/JPY):0.3銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):0.5銭
  • ポンド円(GBP/JPY):1.0銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):0.7銭
created by Rinker
特許取得の自動売買「トラリピ」が有名。主要通貨スプレッドは変動制のため下記の通り。
  • ドル円(USD/JPY):3.0~4.0銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):4.0~5.0銭
  • ポンド円(GBP/JPY):6.0~7.0銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):5.0~6.0銭

ちなみに僕は、FXでは主に平均足を使う派です。ローソク足よりトレンドが掴みやすく、移動平均線と組み合わせてトレードしています。平均足についてはこちら→FXの平均足の基本・手法・見方・儲け方・考え方・戦略などまとめ

FXの実況ライブ配信Vlog

YouTubeにてFXの実況ライブ配信Vlogを平日21時40分頃から1時間ほど行っています(20時30分~1時間はゲーム実況ライブ配信をしています)。特別定額給付金の10万円をどこまで増やせるか、ドキュメンタリーをお楽しみください。
juntyanman - YouTube

~注目:M&Aマッチングサービス~

現在、景況感の悪化に伴い、M&Aマッチングサービスで事業やサービス、メディアを売却する動きが出ています。下記記事に詳細をまとめましたので、資金繰りの案としてご検討ください。

[2020年最新版]事業や資産の売却(資金繰り)に使えるM&A(事業継承)マッチングサービスまとめ